サービス業で会社役員として働く吃音者「松本さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

10

番号 154
業種 サービス業
職種 会社役員
具体的仕事 接客、従業員の育成、電話対応
就職活動時の吃音 やや重い
現在の吃音 重い
Q2 吃症状について説明など 日常会話は何とか言い換えながら話しは出来ますが、電話での会話は緊張のせいか、言い始めがどもってしまい、会社の名前、自分の名前も言えず、家族や従業員などに代わってもらい内容のみを電話で説明したり、最近はFAXを活用して対応しています。会議や集まりなどは出来るだけ出席するように努力して、どもりを克服するように頑張っています。
就職活動の苦労 あまり苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等 高校卒業と同時に就職先が内定していた為、面接もスムーズにいきました。就職してからは、接客より技術職だった為。
仕事に就いてからの吃音による苦労 非常に苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 電話で自分の名前を言えないのが一番苦労してます。仲の良い人なら詰まりながらも話せるのですが、他人となると詰まってしまって無言状態が続いて電話を切られた事も有りました。説明するのに長く時間が掛ってしまうことしばしばあります。
感想・アドバイス等
記入年月日 2006/3/22

サービス業でその他(調理師)農業,製造業,サービス業,医療機関,福祉施設,引越業の経験有りとして働く吃音者「酒井さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

19

番号 233
業種 サービス業
職種 その他(調理師) 農業 製造業 サービス業 医療機関 福祉施設 引越業の経験有り
具体的仕事 料理、雑用
就職活動時の吃音 軽い
現在の吃音 やや軽い
Q2 吃症状について説明など 親や知り合って何年か経つ友達とはドモル事がある。
就職活動の苦労 ふつう
Q3 就職活動についての説明等 本職では基本腕しか見ないのでぜんぜん問題はなかった
仕事に就いてからの吃音による苦労 あまり苦労しなかった
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 Q3と同じ
感想・アドバイス等
記入年月日 2009/1/30

サービス業で会社役員として働く吃音者「佐々木さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

9

番号 159
業種 サービス業
職種 会社役員
具体的仕事 他の会社の取締役もしており、主な業務は、経営、営業、人材育成である。
就職活動時の吃音 ふつう
現在の吃音 やや軽い
Q2 吃症状について説明など 就職活動の面接は、緊張もするが、意外と興味のあることなので、吃音はあまりハンディキャップにはならなかった。職務から人と話すことは慣れてきたが、自分が苦手なことや身体の調子が悪い。
就職活動の苦労 あまり苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等 面接は基本的に好きであったので、それ程苦労しなかった。吃音症状より、話したい中身が重要であるので、自分の言いたいことをどのように組み立てるか、どう話せば、自分を分かってくれるか、そちらのほうが気になった。
仕事に就いてからの吃音による苦労 あまり苦労しなかった
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 入社当時、初めての仕事や初対面のあいさつなどでは、緊張して吃音することもあったが、だんだん慣れてくると、吃の症状が軽くなった。軽くなったというより、吃症状を出さないよう自分なりの工夫・努力をしていたかもしれない。13年前、広瀬先生のカウンセリング教室を受講してから吃症状や吃に対する考え方もかなり変化・変容し、結果として良い方向に向かっていった。
感想・アドバイス等 吃音だからといって、できない職業はない。多少ハンデがあり、苦しいことも多くあると思うが、発声器官、発声能力には問題がないと思われるので、自分の好きな道を自信をもって進んでもらいたい。人生は一度きり。泣いても笑っても悔いのない人生を送ってもらいたい。
記入年月日 2006/5/25

サービス業で会社役員として働く吃音者「今井さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

18

番号 238
業種 サービス業
職種 会社役員
具体的仕事 マッサージ 呼び込み
就職活動時の吃音 やや重い
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など 言葉が詰まる。最初から無音になる。あ行が言いにくい。言えたとしても語尾が苦しくなる。息を吸ったまま吐けなくなる。吸い続ける。唇が痙攣する。無理に声を出そうとすると、背中が震える。強いストレスを感じると顔が痙攣する。
就職活動の苦労 少し苦労
Q3 就職活動についての説明等 自分の名前すらどもるありがとうございましたが言えない言いたい言葉は浮かんでくるのに、言いたいのに言えないから「極度に緊張してる人」と思われた
仕事に就いてからの吃音による苦労 非常に苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 現在進行形で苦労している。最近人が前より怖くなった。受付に立つことになったら電話があるので地獄。逃げ出したい。精神科に行って一ヶ月頑張りだめだったら辞めようと思う。逃げてるだけだがこのままだとストレスでおかしくなりそうです。
感想・アドバイス等 マッサージは楽しい。しっかり業務内容を確認することが大切。
記入年月日 2010/7/9

サービス業で技術職として働く吃音者「石川さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

8

番号 160
業種 サービス業
職種 技術職
具体的仕事 ビル内の空調の半分が水冷式のため、切り替えなどの調整、電力の計測。
就職活動時の吃音 ふつう
現在の吃音 ふつう
Q2 吃症状について説明など 躁の時(興奮)の方が吃音がひどくなる。
就職活動の苦労 非常に苦労した
Q3 就職活動についての説明等
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 電話での応対・説明の時
感想・アドバイス等
記入年月日 2006/5/25

サービス業でとして働く吃音者「野村さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

17

番号 240
業種 サービス業
職種
具体的仕事 酒屋のアルバイト
就職活動時の吃音 やや重い
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など タ行と濁点がでにくいです日常会話では言い回しをうまくすれば少しの吃音で大丈夫ですが、自分の名前、商品名を言う場合に吃音になります。普段はさほど吃音を気にしていませんが、仕事中に言わなければいけないと思えば思うほど言いにくいです
就職活動の苦労 非常に苦労した
Q3 就職活動についての説明等 面接のアポを取るのが一番苦労します。面接自体は言い回しを変えて会話すればなんとか大丈夫ですが、名前電話番号等伝えなければいけない言葉がでにくいです。全部アルバイト面接なのでちゃんとした面接は受けたことがないです
仕事に就いてからの吃音による苦労 非常に苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 伝えなければいけないことを伝えられない事が年に何度かあります。いつもその時落ち込み、なぜ普通に話せないのかと自分が嫌になります
感想・アドバイス等 現在の職場が不景気で12月に終了します。今からまた仕事探しですが、34歳なので就職できるかとても不安です。普通の方でさえ就職難なのに、吃音症なのでどうしていいかわかりません。。。私はずっと仕事をしてきていますが、吃音という壁を真正面から登るという事をせず、横からうまくすり抜けてきたという感じです。神経質なので毎日精神的に疲れないように、マニュアル言葉を言わないといけない職種は避け、日常会話で問題ない職場を選んできました。若い間はまだ乗り越えてきましたが、最近精神的疲れがはげしく大変です。アドバイスですがなにもできません。吃音症をいやというぐらい理解しているからです。発声練習しても呼吸法をみにつけても、長年使ってきた吃音です。普通に話せる時もあればなぜか急に吃音になる時もあります。
記入年月日 2010/9/17

サービス業で営業として働く吃音者「岡田さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

7

番号 167
業種 サービス業
職種 営業
具体的仕事 セールズ窓口事務
従業員数 1万人以上
就職活動時の吃音 やや軽い
現在の吃音 ふつう
Q2 吃症状について説明など 軽いとき重いとき波がある(大きい波の中に小さい波がある)
就職活動の苦労 あまり苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等 集団面接ではなく、個人面接だったため
仕事に就いてからの吃音による苦労 非常に苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 接客業のため、波をおさえるのに大変苦労する
感想・アドバイス等
記入年月日 2006/5/4

サービス業で経営者として働く吃音者「河野さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

16

番号 273
業種 サービス業
職種 経営者
具体的仕事 犬猫病院の獣医師(院長)です。
仕事経歴 農協(県組織)にコネで入職したが、3ヶ月で退職勧告・退職。その後、就職活動したがうまくいかず。仕方がないので派遣社員として、SE(システムエンジニア)してました。(大学の卒論の関係でアクセスのマクロ・VBAが使えたのので)その後も獣医師としての採用を目指して、県職員(非臨床部門)を中心に面接を繰り返し、3年後にある動物病院に拾って頂けました。
就職活動時の吃音 やや重い
現在の吃音 ふつう
Q2 吃症状について説明など 難発、無声、繰り返し
就職活動の苦労 非常に苦労した
Q3 就職活動についての説明等 某県庁より卒業後の入職を前提として、奨学金を頂いていたが不採用になった。急遽、急遽他県職員採用試験も幾つか受けるも全て不合格。その後農協にコネ入職するも、3ヶ月で退職勧告・退職。
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 農協・動物病院では他の新人と同じように扱ってもらえなかった。先輩獣医師から教えて貰える事や経験を積むチャンスが少なくその点が一番苦労した。あと、重要事項の説明・電話についても少し苦労した。
感想・アドバイス等 日々の研鑽(勉強)が必要な仕事です。命を救うのは達成感がありますし、飼主さんには感謝される仕事ですが、それなりに犠牲にするものも多いのではと思っています。日々の研鑽(勉強)を積むのが好きな人にはむくと思います。
性別
年代 40代前半
記入年月日 2014/7/28

サービス業で技術職として働く吃音者「藤田さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

6

番号 176
業種 サービス業(以前は、建設業、運輸通信業、サービス業)
その他業種
職種 技術職
具体的仕事 ビル管理業(以前はトラック運転手、ビル管理、電気工事)
就職活動時の吃音
現在の吃音
Q2 吃症状について説明など
就職活動の苦労
Q3 就職活動についての説明等
仕事に就いてからの吃音による苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明
感想・アドバイス等
記入年月日 2006/5/5

コンピュータソフト業で技術職として働く吃音者「小山さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

15

番号 13
業種 コンピュータソフト
職種 技術職
具体的仕事 e-Leaningシステム/コンテンツ開発
就職活動時の吃音 重い
現在の吃音 重い
Q2 吃症状について説明など 難発性。緊張あるなしにかかわらずすべての場において症状がでる。とくに人に説明するときなどはひどくなる。月に3~4日ほどは調子のよい(スムースにしゃべれる)日がある。調子のよいときは一時的に連発性に変化する。周りからはひどくなったとみられるが本人にとっては楽だと感じる。
就職活動の苦労 非常に苦労した
Q3 就職活動についての説明等 吃音の症状そのものも原因があるだろうが、いまふりかえってみると、吃音を苦にしていたことが、言動にあらわれていたんだと思う。当時に自分のいい面を認めることができ、吃音を自分の一部だと認めることができたなら、多少は事態は変わったと思う。
仕事に就いてからの吃音による苦労 非常に苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 人と接する仕事は無理だと考え、吃音にあまり影響のされない、技術にかかわる仕事をしてきた。ただ、最近、人と接する仕事が元来好きなのだ、ということを感じることが多くなった。吃音者としての人とのつきあい方が少しわかるようになってきたこともあり、近い将来、技術から人にかかわる仕事へのシフトを考えている。
仕事についての感想、アドバイスなど 今の会社に入ったときはCD-ROMの制作のディレクターとして入社した。技術的にも未熟だったが、吃音者としての、コンプレックスもかなり強かった。入社直前まで実家でひきこもり状態だった。自我が強いわりに人とまともに話すことができなかった。できるだけ人と会うことをさけていた。入社後もとなりの机の人を含め、ほかの社員ともまったく口をきかない日々がつづいた。仕事で直接関係のある人とだけ必要最小限のことだけを話した。そうした状況もあり、そのうち主な仕事からはずされていった。だれでもができる雑用をする日が2年ほど続いた。その途中でさすがにこれではいけないと思い、人と接することはできないけれど、与えられた仕事は、できるだけ短い時間で確実にこなすようにするように心がけた。こうしたことが認められたのか社内で表彰された。つまらない景品をもらっただけだったし、技術で認められたわけではなかったが、すごく自信になった。これをきっかけに少しづつ、少しづつ人と接することができるようになった。
記入年月日 2003/1/28