福祉施設で運転手兼ケアワーカーとして働く吃音者「上野さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

19

番号 77
業種 福祉施設
職種 運転手兼ケアワーカー
具体的仕事 特別養護老人ホームに併設されているデイサービスセンターに勤務し、業務は、利用者の送迎並びに介護全般。
就職活動時の吃音 やや重い
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など 発表、電話など、緊張を伴うと症状が出やすい。一対一で人と話をしたりするときは、吃症状も軽減する.基本的には、難発なのだと思うが、勢いよく出そうとするため、連発になってしまう。どもったあとに精神的動揺がある。
就職活動の苦労 少し苦労
Q3 就職活動についての説明等 吃音のため、なりたい職業が明確にならなかった。なりたいと思っても吃音があるからと何となく引っ込み思案になってしまった。就職活動も積極的にできなかった。表面上、言い訳をつけてはいたが、やはりその背後には、いつも吃音の壁があった。社会へ出てコミュニケーションをとっていくことに不安もあったし、就職試験の最後には、面接が控えているため、そのことが気になり、尻ごんでしまうことも多かった。そうかといって就職活動まったくしなかったわけではない。しかし、面接まで行って落とされることが多かった。結局は、身内の縁故により助けられている。
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 仕事を始めて最初のころは、どもることで陰口を言われることがしばしばあった。電話の対応が悪いと言われることもあった。しかし、段々、自分の中で、できないことはできないと割り切れるようになってきた。どもりながらも仕事をしているので、だんだん周りの見方も変わってきていて、働きやすくなっているのも事実である。言葉を使う仕事もあるが、そればかりではないので、それ以外の仕事を頑張ろうと思って働いている。もちろん、やらなければならないことは、逃げないでするようにしている。
感想・アドバイス等 対人サービスは、やはり言葉を使う仕事である。しかし、それもまた吃音の訓練だと思えば楽しいし、やはり人とのつながりの中で仕事ができるということは、やりがいもあり幸せだと思う。こういった老人福祉関係の仕事は、高齢社会の中、注目されているし、今後も求人があるだろう。最近、日本の福祉も変わりつつある。もちろん良い方向に。現場では、今まで以上に有望な人的資源が求められている。資格がないと働けなくなってきているのでしっかり勉強し、できれば介護福祉士、社会福祉士に挑戦して欲しい。また、この仕事は、向く人と向かない人がはっきりするので、就労前には必ず、実際に現場へ行き、ボランティアを経験してください。今は、スタッフの出入りが激しいので、それをきっかけに就労のチャンスもあるかもしれません。人間が好きでなければできない仕事ですから、どもり、そっちのけで人間を好きになってください。
記入年月日 2003/8/31

無職でとして働く吃音者「木村さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

9

番号 241
業種 その他(定年退職)
職種
具体的仕事 以前は情報サービス業(金融機関の上部団体、バンキングシステム管理、金融情報システム研究作成、デモンストレーション)
就職活動時の吃音 ふつう
現在の吃音 軽い
Q2 吃症状について説明など 小学生の頃は重い吃音、成人になるにつれて改善が見られる。以後、あわてると吃音の症状が出るが、自分でコントロールできるようなる。小学校の頃から合唱団活動をするようになった。(歌う時はどもらないから)就業中は大勢の前で説明発表やスピーチなどを頻繁に行ってきた。(笑) かつて私が重症の吃音悩んでいたと話すと、皆驚きます。
就職活動の苦労 ふつう
Q3 就職活動についての説明等 当時は、就職難ではなかった事が主な理由だと思います。面談のとき、自分から話しました。
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 やはり電話の受け答えです。『ハイ!○○会社です』のハイはでるのだが○○が出ない!!まさに地獄でした。やがてハイの後に一呼吸ついて、いえるのだからあわてることは無い。と念じました。
感想・アドバイス等 私見ですが、どもるということは脳の使い方に原因があると思っています。どういうわけか言語脳がダブルで機能していて、しかし、出力機能がコントロールできない。ある意味で吃音者はダブルCPUで生きてるんだ、優秀なのだともいえる。そう考えたのです。実際、吃音発生中の思考回路はフル稼働なのです。左右の脳がますます稼動して、出力制御不能になってきてるのです。言語学者や大脳生理学者などはこういう体験はしたこと無いはず。だったら、自分はこれを有効に使おう。なにも無理にフル稼働するこた~ね~いったんリセットし、その間相手を見ながら、おもむろに言葉を出そう。これを訓練しました。やがて、何百人の前でも自由に言葉を話し、相手の反応を確かめながらスピーチするのが仕事になったのです。
記入年月日 2010/10/7

福祉施設で専門職として働く吃音者「藤本さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

18

番号 113
業種 福祉施設
職種 専門職
具体的仕事 療養室勤務・デイケア等
就職活動時の吃音 ふつう
現在の吃音 軽い
Q2 吃症状について説明など
就職活動の苦労
Q3 就職活動についての説明等
仕事に就いてからの吃音による苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明
感想・アドバイス等
記入年月日 2004/3/31

無職でその他として働く吃音者「森さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

8

番号 245
業種 その他(無職)
職種 その他
具体的仕事 通院中です。ガソリンスタンドの従業員の経験有り
就職活動時の吃音 やや軽い
現在の吃音 やや軽い
Q2 吃症状について説明など ガソリンスタンドでのバイトでしたが基本的にどもりは少なかったと思います。ただ電話対応はできませんでした。基本的にお客さんとの会話は単語で済むので大丈夫でしたね。症状は言葉の始めに詰まることと、連発型だと思います。ただ発言の前に(あのー、えーと)など前置きで言えばかなりどもりが軽減します。幼児期はひどいどもりでしたが小学、中学、高校、成人と大人になるにつれて良くなっています。吃音だと知ったのは、どもりが治らないのを気にして病院に行って吃音だと知りました。
就職活動の苦労
Q3 就職活動についての説明等
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 どもらないように話すのが大変。どもった時に変な顔されたり笑われたりした時は悲しかったです。
感想・アドバイス等 吃音なのでどんな仕事に就けばいいんだろうと苦悩してましたが、吃音の人でも自分のつきたい仕事にみなさん就いていると知った時はなんだか心が楽になり自信がつきました。みなさん無理しないで頑張ってください。応援しています。
記入年月日 2011/5/6

福祉施設で管理職として働く吃音者「横山さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

17

番号 125
業種 福祉施設
職種 管理職
具体的仕事 知的障害者施設 管理者
就職活動時の吃音 ふつう
現在の吃音 ふつう
Q2 吃症状について説明など とにかく人前での「畏まった挨拶」が苦手。初対面の相手への電話も苦手。
就職活動の苦労 あまり苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等 ありのままの自分を示すことができたから。
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明  管理部門に携わる時間が長くなればなるほど、「畏まった挨拶」が必要になる。話のなかにユーモアを入れようと思えば思うほど、話ができなくなる。
感想・アドバイス等
記入年月日 2004/9/29

無職でとして働く吃音者「前田さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

7

番号 267
業種 無職
職種
具体的仕事
仕事経歴
就職活動時の吃音 やや重い
現在の吃音 重い
Q2 吃症状について説明など た行か行が言いにくい家の話をしてもどもってしまう電話が苦手
就職活動の苦労 少し苦労
Q3 就職活動についての説明等 面接が怖かったがどうにか乗り越えた
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 仕事に熱中してればあまりどもることもなかったただ年一回ある社内発表会には、苦労した、幸い自分しゃべりの番は回ってこなかったがただ棒を持って説明するだけなのに、手が震えて途中で辞めてしまったことがあったまた朝の朝礼でもいつもと同じで大丈夫とおもっていたら、全体朝礼に替わっていて いざ本番になった時、手が震え声も震えてどうしようもなかった。その後わざと朝礼に遅れてきて、朝礼が終わるころ現れたりした
感想・アドバイス等 仕事に熱中してれば、なんとかなる仕事にぶち当たれ、自分には、その勇気がなかった
性別
年代 50代後半
記入年月日 2013/2/2

福祉施設で専門職として働く吃音者「丸山さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

16

番号 168
業種 福祉施設(以前は、病院の医療相談員)
職種 専門職
具体的仕事 知的障害者施設の生活支援員
就職活動時の吃音 やや重い
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など 今電話は避けることが多い。かなり難発がある。
就職活動の苦労 少し苦労
Q3 就職活動についての説明等 筆記試験はなんとかなったが、面接があったから
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 電話や大勢の前でのスピーチ、相談面接は多少なりの支障があった。
感想・アドバイス等 若い頃のように挑戦する気持ちをなくして、無理せずにできるだけの範囲でやっている。それはそれで意味があると思う。
記入年月日 2006/5/5

保険業で営業として働く吃音者「小川さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

6

番号 97
業種 保険業
職種 営業
具体的仕事 保険商品の外交販売
就職活動時の吃音 やや軽い
現在の吃音 やや軽い
Q2 吃症状について説明など 電話の時が緊張する、あ行の言葉が言い難い。あ行の言葉を意識しすぎるので、ゆっくりと丁寧に話すことを心がける。
就職活動の苦労 あまり苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等
仕事に就いてからの吃音による苦労 ふつう
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明  私は自分が吃音するのではないかと思った時に発音で失敗する、しかし自分で大丈夫だと思った時はほとんど発音に失敗はしない、人と話すことが非常に好きで、言葉を意識しない限り普通の会話ができる、吃音も個性だと歌手の織田さんも話しているとおり、気軽にこれからの人生を生きていくつもりです。 また、保険の外交という仕事は人との会話を重視する仕事だと思いますが、口下手でも、常に高い目標意識を持ちトップセールスマンになりたいという意識を持って生きたいと思います。 今度、そちらの会にぜひ参加したいと思います。
感想・アドバイス等  今の仕事は自分の殻を打ち破りたく、転職いたしました、小さな頃から、吃音で悩んできましたが、でも結局人はそれ程、吃音者に対して感心がないと感じる。 今は、うまく発音できないのは、ごくたまにあるが、吃音も個性だと思い、人前でもリラックスして言葉を発することにしたい。
記入年月日 2003/11/1

福祉施設で専門職として働く吃音者「久保さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

15

番号 223
業種 福祉施設
職種 専門職
具体的仕事 知的障がい者の療育及び生活支援。(結婚式場のフロント業務等の経験もあり)
就職活動時の吃音 やや重い
現在の吃音 やや軽い
Q2 吃症状について説明など 5歳の時に吃音が始まり、23年たった今も吃音と共に歩んでいます。緘黙に近い状態が3年近く続きましたが、今は随分改善されています。自ら荒波にもまれボロボロになり立ち上がれないくらいのショックを受けることもしばしばありましたが、それも今の自分につながっているような気がします。特定の言葉は出ませんが、前後に言葉をつけることで乗り切っています。現在職場では喋り方が不思議な変わり者的な存在のようです。
就職活動の苦労 非常に苦労した
Q3 就職活動についての説明等 新卒の時は全滅でしたが。その後は割りとスムーズに受かっていってました。ワタシは面接時にカミングアウトしてました。これをなくしては自分を語れないので。それでも採用してくれるのなら精一杯やらせてください的なことをいってたような気がします。
仕事に就いてからの吃音による苦労 非常に苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 結婚式場で勤務していた時は非常に苦労した。書いてあることを、必ずそのまま言わなければならない。また言葉の間合いや声のトーンも指定があった。どもることは許されない業界であり、心労からか体調を崩し退職。現在は障害関係の仕事に就き4年目を迎える。初めは特定の利用者の名前が呼べず苦労したが、前後に何か単語をつけることで何とか乗り越えている。出席を取ったり、内線電話も取らなければならないこともあるが、自分のペースで間合いを取ることで喋れるようになってきたように思う。割とアバウトで、答えは一つではない職業だから、あってるのかもしれません。
感想・アドバイス等 長い間、吃音に囚われ、吃音を呪い、吃音と言う重圧につぶされそうになりながら、何とか歩いてきたように思います。ワタシはどもります、吃音者ですと開き直った時、初めて肩の荷が下りた。笑われることを許せる自分がいた。大切なのはきれいにしゃべることでは無く、気持ちがこもってこそ言葉です。これに気付くまで長い時間を費やしましたが、今はどもる自分を誇りに思えます。障がいのある方の中にも、言語障害を抱えるかたはたくさんいます。自分がどもりながらでも必死で喋る姿が希望になれていたことを知った時、このままでいいんだなと初めて思えました。一生懸命な姿は、見ている人はしっかり見てくれています。出来なくてもやる姿勢が人の心を動かすこともあります。吃音があることは不便だけど、不幸ではないように思います。
記入年月日 2008/9/2

保険業で営業として働く吃音者「渡邉さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

5

番号 272
業種 保険業
職種 営業
具体的仕事 保険商品の販売
仕事経歴
就職活動時の吃音 やや軽い
現在の吃音 やや軽い
Q2 吃症状について説明など ・難発性の吃音。・以前より改善したものの、喋ろうとする最初の数秒が無言状態になってしまう。・「ほら、アレなんですけど。なんでしたっけ、えーと、◯◯が特徴の……」と、遠回しに指摘して人に名称を言わせようとする。・「おはようございます」「ありがとうございました」「(こちら、□□に)なります」などの言葉が特に苦手。・実家を出て一人暮らしをしたら、家に限っては電話も来訪者も怖くなくなった。自分が対応しないといけない、という意識を持てたからだと思う。会社では相変わらずうまく話すことができない。
就職活動の苦労 非常に苦労した
Q3 就職活動についての説明等 これまでの学校の入試面接での苦い経験から、就職活動そのものを敬遠してしまった。書類選考や筆記試験もあるが、電話や面接など喋る機会の方がずっと多い。しかも、後者の方が評価対象として重視される。決まった会社は面接時間が短く、非常にフレンドリーな雰囲気だった。そのためか、症状が出ることなく比較的すらすらと話すことができた。
仕事に就いてからの吃音による苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明
感想・アドバイス等 吃音だからといって選択肢を狭めることはないと思います。やるか、やらないか。これに限ります。私の経験から言えることは、吃音に屈しないという意志を強く持つことだけです。それから、こんな話を聞いたことがあります。僅かでも話すことのある仕事(電話応対や来客対応など)を避けるために、高校生のときに様々な職業を調べあげて、目的の職に就くためだけに進学先を決めた人がいました。見事その職に決まり、黙々と仕事をこなしているそうです。選択と準備と努力をして、賢く生きていくことはできるはずです。
性別
年代 20代前半
記入年月日 2014/4/5