教育

教育で教員として働く吃音者「平野さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

14

番号 194
業種 教育
職種 教員
具体的仕事 小学校の「ことばの教室」の先生
就職活動時の吃音 軽い
現在の吃音 軽い
Q2 吃症状について説明など 時々、語頭の繰り返しや引き延ばしがある。人の前で話す時は少し緊張する。
就職活動の苦労 ふつう
Q3 就職活動についての説明等 面接はあったが、それほど吃音には困らなかった。自分の名前は言いにくかったが…。
仕事に就いてからの吃音による苦労 ふつう
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 他の人(非吃音者)の前で話すのに、緊張がある程度だと思う。
感想・アドバイス等 読み替えや言い替えのできないことがすごく多い教員生活。でもそんなことより、子供たち・同僚・親御さんたちと常にコミュニケーションしなければならない。これを生き甲斐ととるか、ストレスととるかは、あなた次第ですね。 
記入年月日 2006/5/6

教育で教員として働く吃音者「近藤さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

4

番号 45
業種 教育
職種 教員
具体的仕事 職業は大学教員である。教員養成学部(障害児教育教員養成課程)、大学院教育学研究科修士課程(障害児教育専攻)の学生の教育、附属の臨床施設で言語障害児の臨床業務を行っている。
就職活動時の吃音 やや重い
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など 吃音症状には変動性がある。学生の個別指導時や臨床業務時には少ない。会議や授業時に頻出する傾向がある。主症状は、ブロックや挿入、随伴症状などである。
就職活動の苦労 非常に苦労した
Q3 就職活動についての説明等 就職先自体が希少である。たとえ募集があっても年齢など応募条件に合わない場合もある。博士課程まで進学して、ストレートで研究職に就けたわけではない。修士課程修了後、養護学校教諭として現場で経験を積み、短期大学助手を務めながら教育歴や研究業績を積み重ねた。現在の職場への応募時には年齢や業績の種類など、条件にかなっている部分が多かった。
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 会議や授業では吃音が頻出している。会議では報告したい事項の要旨をペーパーにまとめたものを配付したり、授業でも配付資料や板書等を活用しながら仕事を遂行している。逆に、研究活動や、臨床業務の面では吃音経験が大いに役に立っていると思う。
感想・アドバイス等 学生の教育や臨床業務など非常にやりがいのある仕事である。が、事務的な業務、大学行政に関わる業務については、勤務年数を重ねるに伴い、責任あるプロジェクトや専門委員会等に配属される傾向にある。事務仕事と教育・臨床・研究に関する仕事との兼ね合いがたいへんになってくる。また地域貢献に関する仕事についても、要請があり、担当可能であればできるだけ出向するようにしている(研修会講師の仕事等)。大学院博士課程(博士後期課程)まで進学し修了(あるいは単位取得退学)後、研究助手等の研究職の口を探すルートと、修士課程修了あるいは博士前期課程修了後、現場で経験を重ねながら研究発表等を重ね、研究職に転職するルートと大きく2つの路がある。研究職としての最初の職場は、短期大学や新設の私立大学等で、教育歴や研究歴を重ねながら、より条件のいい国立大学等に転職していく教員も多い。就職にはもちろん“運”も大きい。が、時機がめぐってきた時にその“運”を掴めるよう人間関係も含めて日頃より地道な努力をしていくことが第一に求められるのではなかろうか。研究には時間と、もちろん常識の範囲であるがある程度のお金も必要である。例えばパソコン関係や関係する書籍代、学会・研究会等出席のための旅費等、ある程度の自己投資も覚悟しなければならない。
記入年月日 2003/4/13

教育で教員として働く吃音者「山内さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

13

番号 210
業種 教育
職種 教員
具体的仕事 大学教員
仕事経歴 大学生に教育・研究の指導をする。
就職活動時の吃音 重い
現在の吃音
Q2 吃症状について説明など 現在は吃音は矯正されたので全く気になりません。
就職活動の苦労 ふつう
Q3 就職活動についての説明等 教育職でそのころは比較的特殊な職場だったので。あまり競争もなく就職できました。
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 講義の時は黒板を使用して対応した。
感想・アドバイス等 可能な方はできるだけ吃音を克服してください。
記入年月日 2007/5/19

教育で事務職として働く吃音者「遠藤さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

3

番号 68
業種 教育
職種 事務職
具体的仕事 電話応対、窓口応対。予備校で事務の仕事をしています。通常期で一日電話応対は50回くらいです。窓口での仕事のほとんどは、生徒とその保護者です。電話では、学校名、校舎名、名前を言わなければならず、困っています。朝礼では、「職場の教養」という冊子を皆の前で読み、校訓等を読み上げます。人前で発言することは少ないですが、静かな職場なので、電話をかける時、受ける時は、少し緊張します。
就職活動時の吃音 やや重い
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など 難発であると思います。随伴動作があります。あ行、は行、な行が特に出ない。
就職活動の苦労 少し苦労
Q3 就職活動についての説明等 集団面談は辛かったです。個人面接だと、相手は自分のために時間を使ってくれます。私は隠さず、あえて、レポートという形にし、吃音を理解してもらおうとしました。(その会社が今の職場)
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 まず、電話です。予備校には募集期という時期があり、一日に電話100本ほど一人でかかります。学校の説明等を電話でしないといけないので、辛いです。朝礼の輪読は、3年目の今でも緊張しますし、嫌です。でも、以前ほど、深く考えないでよくなりました。
感想・アドバイス等 人前で話すことから逃げずに、「話す」という経験をすべきです。自分は、全く、公の場で話したりすることを避け、話すという点では経験不足でした。逃げて良いことはありません。その場しのぎにすぎず、後で大きなプレッシャー、心の傷となって自分に返ってくると思います。これから社会に出る人には、”覚悟”を持って臨んでもらいたい。これまでの様に、甘くないです。
記入年月日 2003/6/17

教育で教員として働く吃音者「竹内さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

2

番号 86
業種 教育
職種 教員
具体的仕事 小学校教諭。ことばの教室を担当。
就職活動時の吃音 軽い
現在の吃音 軽い
Q2 吃症状について説明など 十代の頃は目立った吃音があったが、現在はほぼ自然治癒。しかし、極度の緊張状態になると吃音が再発する。1年の中で数回程度か。日常生活の中で軽いブロックを感じるときはあるが、話し方を工夫し、ほとんど他人には気づかれずにいる。
就職活動の苦労 全く苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等 就職活動時、既に吃音の状態が良くなっていた。自分自身、吃音を幼少期から不利と感じたことはなく、吃音が出ても平然としていた。
仕事に就いてからの吃音による苦労 全く苦労しなかった
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 吃音の程度が軽度。三十代になり自然治癒といってよい状態になっている。吃音がでても全く気にしていない。
感想・アドバイス等 吃音があることで不利になることはありません。少なくとも、そう思うことが大切だと思います。
記入年月日 2003/10/13

教育で教員として働く吃音者「森田さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

1

番号 89
業種 教育
職種 教員
具体的仕事 公立小学校内 通級指導教室(情緒障害・聴覚障害・言語障害) ことばの教室担当
就職活動時の吃音 軽い
現在の吃音 軽い
Q2 吃症状について説明など 生活の中で意識することはない。たまに、電話をかける際に詰まったり、くり返したり、会話の中でもどもることはあるが忘れることができる。
就職活動の苦労 あまり苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等 高度経済成長時代に就職にほとんど苦労はしなかった。
仕事に就いてからの吃音による苦労 全く苦労しなかった
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 ことばの教室の中では、吃音や言友会の話題はむしろ積極的に話題にした。例え、どもった時にもそのことを話題にすることができた。
感想・アドバイス等  50歳を過ぎるまで、この職種に就けたことに感謝している。 これまで、自分の吃音体験をある意味で活かして仕事をすることができてきたと思っている。そして、多くの人に出会うことができたのも、言友会と専門領域を通してであった。 しかし、ふと想うことはある。自分のこの選択で本当に良かっただろうか。吃音をきっかけにこの世界に入ったが、本当に子供の臨床・指導に自分は適していたんだろうか?もっと違う生き方があったのではないだろうか?もし、吃音でなかったらいったい自分はなにを縁に生きたろうか?と。 もし、吃音のあなたがこれから職業を選ぶとしたら、吃音であったことを活かすも、まったく吃音から自由に選ぶも、じっくり考えるようお勧めします。それができる時代なんですから。
記入年月日 2003/10/14

教育で教員として働く吃音者「渡邊さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

20

番号 101
業種 教育
職種 教員
具体的仕事 高校教諭
就職活動時の吃音 やや軽い
現在の吃音 ふつう
Q2 吃症状について説明など 相手に向かってしゃべるときは大丈夫なのですが、電話をこちらから掛けるとき自己紹介でどもりやすいです。 どもると恥ずかしいので電話をするときはこっそりと携帯からします。 そういうときは大抵どもります。 入学式や卒業式の呼名などは極度の緊張のため2・3日前から食事はなかなか食べれないし、1年中そのことを考え、頭を抱えています。 ですからなるべく1・3年の担任からは逃げています。これまで失敗は1度だけですが年々弱気になっていっています。
就職活動の苦労 あまり苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等 バブル期でしたし、面と向かってならけっこう話せます。
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 どもる回数そのものは少ないのですが、プレッシャーをいつも感じていて1日も早く開放されたいと思っているんですが、この年でやめるわけにもいかず、卒業式や入学式で呼名のないところがあれば最高なのですが、10年ほど前はさほど気にもせず気持ちも攻めにいっていたんですが、年々恥ずかしさと弱気が先に立つようになり、どもりもひどくなってきたように思えます。
感想・アドバイス等 担任をしていると電話を掛ける回数が断然に増え、どもることが少なくなり、副担になるとどもりがひどくなる傾向にあります。 でもその試練を自ら希望して乗り越える勇気よりも恥ずかしさが先に立ち苦しんでいるのが現状で、妻にすら相談できないでいます。
記入年月日 2003/3/29

教育で教員として働く吃音者「安藤さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

19

番号 118
業種 教育
職種 教員
具体的仕事 ことばの教室の先生をしています。さらに、校内支援委員会の責任を持っていて、校内支援コーディネーターと呼ばれています。各学級にいるいろんなお子さん方(軽度発達障害児、LD児、ADHD児、登校拒否児、その他何でも)を先生方教育するための手助け・応援する仕事。それを学校全部でしましょうと、音頭をとっています。
就職活動時の吃音 やや軽い
現在の吃音 軽い
Q2 吃症状について説明など 今は、「私は吃音者です」と言っても、「全然わかりません」と言われてしまいます。時には、「どうして言友会に入っているのか理由がわからなかった。」「ボランティアしているんですか?」と、言われたりして、当人はちょっと傷ついているんです。それは視覚障害の人に対して「白杖を見せろ」と言っているのと同じでしょう。症状の重たい人はそれなりに、軽い人もやはりそれなりに困ることってあるんですよね。
就職活動の苦労 あまり苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等 就職試験には面接がありましたが、あまり喋らなくても良かったのです。ただ、名前を言うときに少し言いにくかったです。
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 自己紹介、出席簿読み、朗読、範読(先生が模範に読むこと)、と、いろんな場面で、避けられない、言い換えができないということがあります。そういうときはちょっと冷や汗をかいていました。
感想・アドバイス等  この仕事は大好きです。話すのに苦労は多少あったとしても、自分の障害が他者の理解につながると思うことがあるからです。特に保護者の気持ちを聴くときに、ああ、このお母さんは本当にお子さんのことを思っていらっしゃるんだなあと感じるとき、私の心まで温かくなります。
記入年月日 2004/5/26

教育で教員として働く吃音者「松尾さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

18

番号 147
業種 教育
職種 教員
具体的仕事 養護学校寄宿舎指導員(以前は高校で非常勤講師をしていた。)
就職活動時の吃音 ふつう
現在の吃音 ふつう
Q2 吃症状について説明など 緊張すると最初の言葉(特にカ行とタ行)がまったく出なくなる。日常会話であまり困ることはないのだが、時折返答する際に言葉が出づらくなることがある。
就職活動の苦労 ふつう
Q3 就職活動についての説明等 採用試験の面接は苦労したが、考えるフリをして時間を稼いだりしてなんとか乗り切った。
仕事に就いてからの吃音による苦労 ふつう
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 生徒の名前を呼んだり、教科書を読む時にたまに吃音が出ることがあった。生徒には吃音であることを公表していたのでそれほど苦痛や苦労は感じなかった。
感想・アドバイス等 養護学校にはまったく言葉の出ない子もいるので、特に喋ることで不自由は感じない。私の場合心因性(緊張によるもの)なので、最後は気持ち的に開き直って喋ることで乗り切ってきたと思う。話すこと以外で自分に自信を持てる何かを持つことも必要ではないでしょうか。
記入年月日 2005/11/15

教育でフリーとして働く吃音者「松井さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

17

番号 166
業種 教育(イラストレーター) (以前は、中学区の美術、臨時教員など)
職種 フリー
具体的仕事 絵本・挿絵など・陶器製作・美術教育/現在は表現アートワークショップ
就職活動時の吃音 やや軽い
現在の吃音 軽い
Q2 吃症状について説明など 時々つっかえてしまうのがいやであまりしゃべらなかった。/売り込みに行くのがいやでよい仕事を逃した気がする
就職活動の苦労 あまり苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等 非常勤の美術講師などだったので、こちらが応募しなくても仕事がもらえたので、面接などの場合は大丈夫だった。ただ、フリーのイラストレーターの仕事をもらいに行くのがいやで受ける一方だった。
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 電話の取次ぎが苦手なのでいつも避けていた。マイクを使うことが苦手だった
感想・アドバイス等 今になって、吃音を理由にあまりチャレンジせず、楽な道を歩んできたことがもったいなく思う。がんばってカミングアウトした方が出会いがもっとあったと思います。
記入年月日 2006/5/5