技術職

製造業で技術職として働く吃音者「西田さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

13

番号 136
業種 製造業
職種 技術職
具体的仕事 在庫管理
就職活動時の吃音 重い
現在の吃音 ふつう
Q2 吃症状について説明など 小学生のときの転校がきっかけでどもり始めたと記憶しています。自分の名前など、人前では最初の言葉が出にくいですが、一旦、声が出てしまえばどもりながらも普通に話せます。
就職活動の苦労 非常に苦労した
Q3 就職活動についての説明等 どもりすぎて、自分でも何を言っているのかわかりませんでした。でも、内定をもらいました。別の面接でですが「君の性格がよくわかって、とてもいいと思うよ」と面接官が言ってくれたことで、以後どもってもプラス思考に考えています。
仕事に就いてからの吃音による苦労 非常に苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 電話応対。言うに及ばず、研修のときの電話応対はダメダメでした。しかし、それをバネに配属された後の電話応対ではしっかり受け答えしようと決心し、家でかなりイメージトレーニングしました。その結果、電話では難発もめったに出ないようになりました。「はい、ありがとうございます。(会社名)でございます。」と私の会社は応対するのですが、「ありがとう」が言えないので、「はい、 りがとうございます」と”あ”を抜いています。文頭一文字くらい抜いても、語尾をしっかり言えばそれほど気にならないと思います。
感想・アドバイス等 吃音なんて気にする必要ないと思います。私の会社には、営業職で吃音者の先輩がいます。また、私自身研修で営業同行させてもらって、ぜんぜん流暢に話せないにもかかわらずいつか営業をやってみたいと考えていますから。(営業おもしろそうなので)
記入年月日 2005/7/9

製造業で技術職として働く吃音者「岡田さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

7

番号 51
業種 製造業
職種 技術職
具体的仕事 飲料水メーカーの機械のメンテナンス及びオペレーター
就職活動時の吃音 ふつう
現在の吃音
Q2 吃症状について説明など 緊張が激しいときは症状が重いと自分で考えられる。吃自体、心因性によるものだと思われる。吃の症状を軽くするには、職場で人間関係、とくに共通の話題を多く持つことだと痛感される。
就職活動の苦労 少し苦労
Q3 就職活動についての説明等 就職は偶然性が伴うもので、自分にはコネがないとネガティブにならず、コネは自分でつくるものだとポジティブな態度で挑戦するものだと、教官が示唆された。
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 電話が苦労した。スマートに話せると営業活動にも参加されるけど、スマート性が全くない。
感想・アドバイス等 よく遊び、よく学べ。あまり吃音にとらわれず、人がすることはある程度なんでもできること。パチンコ、パチスロ、マージャン etc
記入年月日 2003/4/27

製造業で技術職として働く吃音者「藤田さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

6

番号 52
業種 製造業
職種 技術職
具体的仕事 婦人服ユニフォームの製造の生産ラインで、上着のポケット作りをしてます。
就職活動時の吃音 軽い
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など 難発性の吃音で、難渋してる間が長くなりました。予期不安から来る吃音もあり、不安感がないと不思議なほど良く喋れます。
就職活動の苦労 非常に苦労した
Q3 就職活動についての説明等 これといって、やりたい仕事がなかったというのもありますが、私の就職活動時期は、バブルの頃で、失業業率が、今よりはるか少なく2%ない時期に、就職できませんでした。学生の頃から数えれば、約3年ぐらいで50社近く受けたと思います。夜間に食品工場でのアルバイトをしながら、昼間、就職活動をしてましたが、思うように出来ず、被服関係の学校に行ってたこともあり、母のアドバイスで縫製工場の正社員として働くことになりました。私としては、抵抗がありましたが。
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 毎朝朝礼があり、その時に、気合を入れるための発声が、日替わりであり、「今日も一日頑張ろう!」と一人ずつ言わなければならない時や、生産ラインで、自分のポジションの前後の人に、または上司に言わなければならない時に、辛い思いをしたことがあります。挨拶が突然言えなくなったりしたこともありました。
感想・アドバイス等 吃音だからということで、殆ど喋らなくていい仕事で、単調で単純な仕事を選んでしまったのですが、人間の器官は使わなければ退化するもので、13年近くもこの仕事をしてたら、話す力は、本来に比べたら落ちてきたし、吃音もひどくなりました。吃音の悪化は、毎日、単調な生活をしていたため、十分眠れなくなりうつ病になったこともあるのですが。生活のために働くのは吃音にも良くないですが、今のご時世、やり甲斐のある仕事を見つけるのは難しいようにも思えます。言友会では、就職活動の時に吃音者宣言をしたほうがいいとの考えもあるようですが、私も実際そういう風にしてみたのですが、「うちはそういう人はいらない。」と言われた事があります。吃音者宣言をすることが必ずしもいい結果を招くわけではないと思います。吃音だからと話さないでいい仕事には、できるだけ就かないほうがいいと思います。吃音であっても話をする仕事をあえてしたほうがいいように思います。しかし、職場の上司などから吃音を治すよう、そうでなければ辞めるよう言われてしまうようであれば別ですが。(これは私の実体験で、販売の仕事をしてた時、たまに出る難発性の吃音に上司がそう言ってきました。)やはり何か資格をもってれば強みになると思います。
記入年月日 2003/5/9

製造業で技術職として働く吃音者「中川さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

4

番号 70
業種 製造業
職種 技術職
具体的仕事 和菓子職人・・・
就職活動時の吃音 ふつう
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など 普段の会話はふつうに出来るが、突然言葉につまることがあり、相手をびっくり?させてしまう。自分では気にしない程度の、どもりはよくある。電話をかけると、自分の名前を言いずらいので、あまりかけない。電話、とても緊張する。
就職活動の苦労 少し苦労
Q3 就職活動についての説明等 吃音のため、積極的に就職活動できなかった。面接で声がでなくなり、笑われたこともあった。(卒業してからの時)今は再就職なのですが、いろいろ事情があり、やけっぱちになっていたのか、面接ではわりと言いたいことも言えて、今考えると不思議なくらいスムーズでした。
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 人と接する仕事ではないので、普段は気が楽。たまにかかってくる電話に出るのが苦痛。社名が言えない。緊張のあまり、相手が何言っているのか頭に入ってこないことすらあります。
感想・アドバイス等 本当はもっと人と接する仕事がしたい。これ(吃音)は自分の個性だと思って、堂々としていれば良いのだろうけど、どうしても失敗したくなくて、緊張してしまいます。
記入年月日 2003/7/13

製造業で技術職として働く吃音者「川村さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

19

番号 8
業種 製造業
職種 技術職
具体的仕事 3Dのcad/camオペレータ
就職活動時の吃音 軽い
現在の吃音 軽い
Q2 吃症状について説明など
就職活動の苦労 全く苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等
仕事に就いてからの吃音による苦労 あまり苦労しなかった
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明
仕事についての感想、アドバイスなど
記入年月日 2003/1/26

製造業で技術職として働く吃音者「星野さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

18

番号 11
業種 製造業
職種 技術職
具体的仕事 開発実験
就職活動時の吃音 重い
現在の吃音 重い
Q2 吃症状について説明など 自分の症状の程度が判断出来ません。読書(人前)あ、いの単語で詰ります。発表会の発表を一度も行ってません。対話はできます。
就職活動の苦労 ふつう
Q3 就職活動についての説明等 対話形式だった為に普通に話せた。
仕事についてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 朝礼で安全項目を話す時。
仕事についての感想、アドバイスなど アドバイス 目的をはっきり言える事。 日本の歴史・地理を学んで下さい。特に地理、日本地図が書けるように!
記入年月日 2003/1/26

製造業で技術職として働く吃音者「荒木さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

16

番号 14
業種 製造業
職種 技術職
具体的仕事 コンクリートミキサー車運転
就職活動時の吃音 やや重い
現在の吃音 軽い
Q2 吃症状について説明など
就職活動の苦労 少し苦労
Q3 就職活動についての説明等 現在の仕事は39歳の時に転職だったため前職を辞めてからなかなか希望どうりにはいかず現職に就くまで約1年を要した。
仕事に就いてからの吃音による苦労 あまり苦労しなかった
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明
仕事についての感想、アドバイスなど トラックの運転なので、乗ってしまえば、一人なので余計な気を使う必要がないのが良い点ですが、会社(工場)とのやり取りを無線で行なうため最初はかなり緊張したが、慣れればどうと言う事は無いのですが、やはり一番大事なのは強く(特に精神面)成る事に尽きるのでは無いでしょうか。
記入年月日 2003/1/29

製造業で技術職として働く吃音者「福井さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

15

番号 20
業種 製造業
職種 技術職
具体的仕事 自動車エンジンの研究開発
就職活動時の吃音 やや重い
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など 話し始めにつっかえる。連発でなかなかどもりっぷりが良いのが自慢。
就職活動の苦労 全く苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等 大学4年間で、言友会活動をみっちりした(事務局長1年,事務局次長1年)ことで、吃りながら話しても、言いたい事が相手に伝わればそれでいいんだという事が理解できた。大学の落語研究会で活動した事で、自分を出して話す事に大きな自信がついた。
仕事に就いてからの吃音による苦労 非常に苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 社会人にならないと経験できないような,試練のようなものがあると思います。活動的な学生であったとしても経験できないような。よって社会人になったらなったで,学生の時以上に,とても良い苦労をしました。吃音の受容を自らに問い続けるような、時にはかなり厳しい日々が続きました。20年経った今は平気ですが。吃る自分を優しく見れます。
仕事についての感想、アドバイスなど エンジニアという仕事ですが,職場の人達,メーカーさん,いろんな人たちと話す,コミュニケーションするから,良い仕事ができる。やりがいがある。話す事の無い仕事などは,全くつまらない仕事とも,言い切れるかも。
アドバイスとしては,言友会の例会に参加しながら,解決していくこと。先輩の話し,書かれた体験談に触れ,考えてみる。また自分の気持ち,体験もその場で話してみる。吃る自分を隠さず,積極的に、そして仕事にまじめになる事。1年,2年,いやそれ以上,どもりが辛い時が続きます。でもだんだん仕事もおもしろくなっていく。どもりがそれと共に気にならなくなってくる。
記入年月日 2003/1/30

製造業で技術職として働く吃音者「横田さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

13

番号 27
業種 製造業
職種 技術職
具体的仕事 製本工
就職活動時の吃音 やや軽い
現在の吃音 やや軽い
Q2 吃症状について説明など
就職活動の苦労 ふつう
Q3 就職活動についての説明等
仕事に就いてからの吃音による苦労 非常に苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 会社では連絡・報告がスムーズにできなければいけないので、話が出来て当たり前という風潮になっている。吃音に対してはかなり偏見を持っている。
仕事についての感想、アドバイスなど 企業の現状としては、業績が最優先になるため1人1人が話が出来て当たり前という風潮があり、吃音に対しての偏見もあるので吃音者には不利になりがち。やはり企業人1人1人にも吃音に対して正しい理解と認識が必要だと感じる。
記入年月日 2003/2/3