専門職

コンピュータソフト業で専門職として働く吃音者「岩本さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

4

番号 236
業種 コンピュータソフト
職種 専門職
具体的仕事 特定派遣の汎用機オペレータ
就職活動時の吃音 重い
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など 相手が誰でも、最初の頭の言葉が出ず、会話に間ができ、多少長い話だと途切れ途切れになり、自分の意思が伝わりにくい。「ありがとう」「カ、タ行」「名前」「地元の名前」の最初がなかなかでてこない。
就職活動の苦労 非常に苦労した
Q3 就職活動についての説明等 複数人がいると緊張が増すので、面接は個人面接を選び、望みましたが、自己アピールや応答で言いたいことが吃りでなかなか相手に伝えられず、気持ちが沈む日々でした。
仕事に就いてからの吃音による苦労 非常に苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 汎用機オペレータですが、仕事仲間との連携や引継ぎ等が苦労する。また、電話対応も結構あり、電話を取り決まった台詞の言う場面で、最初の言葉がでてこないので、電話取ってから間があくので、注意を良く受けることがあります。電話のやり取りの中でも、言葉がでないことが多く、電話を取るのをためらいがちになっています。
感想・アドバイス等 仕事をする上で、最初の自己紹介の時に、自ら吃ることを伝えておけば、気持ち的な部分でかなり楽になると思います。中には、批判をしてくる方やマネや笑ってくる方もいらっしゃいますが、落ち込むと、吃音がますますひどくなる感じがしますので、そういう人と自分の中で割り切って、あまり悩まないようにすることも大事だと思います。
記入年月日 2010/3/28

医療機関で専門職として働く吃音者「山田さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

10

番号 32
業種 医療機関
職種 専門職
具体的仕事 歯科医師
就職活動時の吃音 ふつう
現在の吃音 ふつう
Q2 吃症状について説明など 難発性吃音であり、言い換えればほとんどは話せるが固有名詞などは苦手
就職活動の苦労 少し苦労
Q3 就職活動についての説明等 面接や電話など
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 吃ってもいいから、なるべく話すようにする。
仕事についての感想、アドバイスなど これから仕事に就こうとしている方は特に大変だと思いますが、自分自身をしっかり見つめなおす良いきっかけだと思います。努力して改善することは、しっかり努力をしてください。努力して改善しないものは、受け入れるようにしてください。それが自分なのですから。他人と比べることはせず、マイペースでいきましょう。きっと認めてくれる人は必ずいますので。
記入年月日 2003/2/26

医療機関で専門職として働く吃音者「前田さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

7

番号 74
業種 医療機関
職種 専門職
具体的仕事 ケアマネージメント
就職活動時の吃音 ふつう
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など 何よりも困るのが、言葉が出なくなる事。特定の音が出なくなるのが特徴。話す前から、言葉が出なくなりそうだなと思うと緊張してしまう。同じような意味で、別の言葉に置き換えて話をしたりする。その事が、また心の負担である。何で話せないのだろうと悩む。不思議なのは、常に症状があるのではなく、流暢にはなせるときもある。吃音が治ったのではないかと思うほどであるが、また吃音の症状が現れる。このように、良い状態と、悪い状態が繰り返す。
就職活動の苦労 少し苦労
Q3 就職活動についての説明等 言葉が出なくなるのではという不安があり、面接などの場面では余計な緊張そしてしまう。言葉が出なくなりそうだなと思うと、「どうしても言はなければならないことではないから」心の中で言い聞かせ、言わなかった事もある。
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 お客様に電話や話をするときに、言葉が出てこなかったりするため、あせってしまい、頭の中が真っ白になる。 そのため、電話をかけるときはあらかじめ、話す項目を箇条書きにしてまとめたうえで話すようにしている。緊張状態が仕事の際では続くため、非常に疲れる。 筋肉の緊張をとるための、貼り薬などの薬代もかかる。職場の人は、「リラックスして。慣れれば大丈夫だから。」と言ってくれるが、そういう問題でもない事を知っているのでつらい。
感想・アドバイス等  仕事をする上で気をつけている事は、どもってもそのことがお客様の不利益には絶対にならないように、伝えなければならないことは、どんな手段を使っても伝えるということを心がけている。 現在夜間は、理学療法学科の夜間部にてリハビリの勉強をしている。筋肉や神経という観点からも、 どもりのメカニズムについて学んでみたいと思っている。
記入年月日 2003/8/9

医療機関で専門職として働く吃音者「小川さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

6

番号 78
業種 医療機関
職種 専門職
具体的仕事 看護師
就職活動時の吃音 重い
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など 難発性で、サ行、カ行からはじまる言葉が特に出てこない
就職活動の苦労 非常に苦労した
Q3 就職活動についての説明等 吃音が出ることによって自分の言いたいことを思うように表現できないだけでなく、/相手の心象も悪くするというところがあった。
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 仕事柄人と接することも多く、電話応対もあるのだが、そこで時々詰まってしまい苦労したところがあると思います。しかし、職場の人の理解があってそれに救われているところもあるのでそこまでプレッシャーを感じないで仕事ができているというところもあります。しかし、それに甘えているわけにもいかないので日々少しでも治す事ができるよう努力はしています・
感想・アドバイス等
苦労するところもあるけど自分がしたかった仕事なので充実した日々を送ってます。吃音があ/るからなるべく人と接しない、話をしなくていい仕事を選ぶ。これも堅実でいい選び方だと思/います。でも、やりたい仕事を選べば苦労はするけどそれなりに充実した日々も送れると思い/ます。
記入年月日 2003/9/8

医療機関で専門職として働く吃音者「小野さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

2

番号 151
業種 医療機関
職種 専門職
具体的仕事 病院に言語聴覚士として勤務しています。
就職活動時の吃音 軽い
現在の吃音 軽い
Q2 吃症状について説明など 日常生活で不便を感じることは、多くはありません。ただ、相手から「おはよう」と声をかけられたときに「おはよう」と言おうとしてことばが出てこないこと、電話で自分の部署名が言えず、しんどい思いをすることなどは、今でもよくあります。
就職活動の苦労 あまり苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等 日常会話ではそれほど苦労しないことや、就職の面接で、自分がどもることを話したことが、苦労しなかったことの要因としては考えられると思います。/流暢に話すことは明らかに1つの能力であり、仕事によって、その能力に置かれる重みは異なってくると思います。職種によって、どんな能力が重視されるかは異なると思いますが、自分は「流暢に話す能力は、他の人より低いかもしれないが、他のところで努力して、総合評価で高い評価を得られるようがんばろう」という気持ちで、がんばりました。
仕事に就いてからの吃音による苦労 ふつう
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 苦労することは度々ありますが、仕事をやめたいと思うような苦労はありませんでした。/ひどくことばが出ずに、職場の人から奇異な目で見られることもありますが、「まぁ、自分の仕事を誠実にやっていけばいいや」という気持ちでがんばっています。
感想・アドバイス等 私は自分の吃音に悩んだことがきっかけで、言語障害について興味をもち、今、言語聴覚士(ST)として働いています。様々な言語障害のある子どもや大人の方とかかわり、その中には吃音を主訴とする方もいます。ただ、STは当然ながら話すことの多い仕事であり、吃音で苦労することもあります。また、STが学ぶ分野の中で吃音はごくごく一部であり、「吃音について学びたい」という気持ちだけでSTになろうとすると、がっかりするかもしれません。さらに、STが働く職場の中で、吃音の相談を受け付けているところは、とても少なく、就職しても、吃音のある人とかかわることができない可能性は高いです。/それでも、STになりたいという強い意志をもって努力された方は、きっと良いSTになられ、やりがいをもって働かれるのではないかと思います。
記入年月日 2006/2/20

医療機関で専門職として働く吃音者「藤本さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

18

番号 269
業種 医療機関
職種 専門職
具体的仕事 マッサージ師/アルバイトでダンスインストラクター
仕事経歴 サービス業、ダンスインストラクター他
就職活動時の吃音 ふつう
現在の吃音 ふつう
Q2 吃症状について説明など 自分や他人の名前には不自由しないが、固有名詞や地名などで難発になる.改まって何か伝えようとすると、言葉の頭がつっかかる。緊張度合は関係ない。体を動かしながらの会話ではほぼ困らない。(ダンスの生徒20名の前でも大丈夫)
就職活動の苦労 あまり苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等 言葉が上手く話せないと成り立たない、あるいは苦手な場面が頻発する職業は自然とさけていたので、自然と面接でも落ち着いて挑めていた。
仕事に就いてからの吃音による苦労 ふつう
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 苦手な名前の患者様を呼ぶ時には助走や随伴が出ている。うつ伏せの患者に両手が触れている時に言葉が出にくい。たまに営業活動もするのだが、やはりなるべくスムースに話せる言葉を無意識に選んでいる。
感想・アドバイス等 やりたい仕事と出来る仕事は違うと思う。興味がある業種の資格(できれば国家資格)を取っていれば、とりあえず入口は広がるのではないかと思う。あとは背水の陣を敷かないこと。そこがだめなら次があるくらいの軽い気持ちで。マッサージ師は国家資格なので、吃音関係なく就職にはあまり困りません。理解してくれる職場がほとんどだと思います。(受付業務があるところは要注意ですが) 心やさしい吃音者にはむいているんじゃないかな。お勧めです。
性別
年代 40代前半
記入年月日 2013/12/5

マスコミで専門職として働く吃音者「丸山さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

16

番号 17
業種 マスコミ
職種 専門職
具体的仕事 業界新聞発行に関する一般。取材、原稿書き、紙面割り付け、校正。取材先とスポンサーが重なるのでたまに営業も。
就職活動時の吃音 やや重い
現在の吃音 ふつう
Q2 吃症状について説明など 物心付いた時から吃っている。不得意な発音があるので、場面にかかわらず吃る時は吃る。会話や電話で、必ず言わなければならない言葉があると無言で何秒間かやり過ごすことがある。普段の日常会話では、できるだけ言い換えるので、ボキャブラリーも増えてそう不便ではない。
就職活動の苦労 少し苦労
Q3 就職活動についての説明等 就職活動をするまで電話などはさけていたタイプなので、あらゆる行為が自分にとって新しい作業であった。個人面接ではそうでもないのだが、集団面接で順番にこたえていく方式と何分以内に自己PRというのが苦手であった。全く声が出なかったこともある。どもりであることを公表したことも多々ある。
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 電話の対応は特別に訓練させられた。また、営業に向いてないというイメージを最初の印象から抱かれた。言葉を伴う作業をする前に躊躇する時間があるので効率的でない、消極的になる、などのデメリットがある。
仕事についての感想、アドバイスなど 26歳で初めて就いた職業である。環境になれるのは遅いタイプだが、職場内でのポジション取りが比較的上手くできたので今のところ苦痛に感じるところはない。まず、パソコンに詳しかったことで重宝されたことが大きかった。自分をひとつの製品とみなして、その仕様書、取扱説明書を描けるようになること。自分の中で付加価値が付いている箇所はどこなのか理解し、そこを伸ばすしかないと思う。吃音はどうしようもない。吃るしかない。立ち直りに要する期間を短くする努力のみ。症状は我関せずでいく。
記入年月日 2003/1/28

運輸通信業で専門職として働く吃音者「小澤さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

13

番号 270
業種 運輸通信業
職種 専門職
具体的仕事 電車の運転士
仕事経歴
就職活動時の吃音 ふつう
現在の吃音 ふつう
Q2 吃症状について説明など 吃りを隠すために言葉が一時出なくなります。また、言いやすい言葉を選んで言うようにしています。
就職活動の苦労 あまり苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等 詳しく聞かれなかったことと、面接時間が5分ぐらいで終わったのでばれなかったと思います。
仕事に就いてからの吃音による苦労 ふつう
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 今でも、うまく言えないときは、落ち込みます。
感想・アドバイス等 電車の運転なので、車掌と比べ、気を使わず楽なときもあります。
性別
年代 40代前半
記入年月日 2014/2/24

鑑定業で専門職として働く吃音者「熊谷さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

5

番号 37
業種 その他(鑑定業)
職種 専門職
その他職種
具体的仕事 輸出入貨物(原油類、鉄鉱石、製品など他品種)の検査、鑑定、検量が主であるが、損害保険関係で運送途中の事故による損害貨物の鑑定、台風などの損害調査もある。
就職活動時の吃音 ふつう
現在の吃音 軽い
Q2 吃症状について説明など 他人の前で読むことについては、自信を持っている。会議などでは、吃症状がでるのではと、発言を尻込みしてしまうことがある。自分に非があることについての説明時には吃がでる。
就職活動の苦労 少し苦労
Q3 就職活動についての説明等 不況時で就職戦線はキビシカッタ。面接の経験はなく、大学4年になってすぐ小岩(東京都内)の花沢研究所へ数ヶ月通った。腹式呼吸の仕方はそこで会得し良かったが、日常生活では少しは効果があったかもしれないが、すぐ元に戻ってしまった。面接時には精神安定剤を飲んで対応した。
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 電話がまだ一般的でなく、お客さんとの対応の仕方も分からず、周りがみえなかったので、自分から積極的に掛けるのをためらった。しかし、外部の人間の顔が見えてくると、次第に積極的に電話を掛けるようになった。人の配置を指図する管理のセクションについてからは、吃が軽くなった。
仕事についての感想、アドバイスなど 社団法人であり、鑑定検査という技術的な仕事なので、吃音者にとってはいい環境のところであった。現在はメールやFAXでの仕事の結果のやりとりが多く、また、英語力があれば、吃音はさして問題ない。
記入年月日 2003/2/24

官公庁で専門職として働く吃音者「岩崎さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

14

番号 139
業種 官公庁
職種 専門職
具体的仕事 警察
就職活動時の吃音 やや軽い
現在の吃音 やや軽い
Q2 吃症状について説明など 実はあまり詳しくないのですが難発性というのでしょうか。最初の言葉が出てこない。特にあ行、や行がなかなか出てこない。
就職活動の苦労 あまり苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等 特別に対策立てたりとかはしませんでした。面接ではかなりつっかえたりどもったりしたが合格した。何故合格できたのか未だによく分かりません。公務員の面接では質問に対する答えの内容よりもその人の醸し出す印象を重視してるのかも。
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 職務質問はしなければならないし交通取締りでは文句を言う違反者をうまく言いくるめなければなりません・・・。さらに無線で照会したり報告したり・・・。交番にいても拾得物の扱いや地理案内、ちょっとした人生相談など・・・。はっきり言って民間のどの会社よりも人と話をする機会が多いです。ただ話す機会が非常に多いせいか吃音はかなり改善されました。無論、何度も恥をかきましたが。ただ緊急事態(複数のチンピラを相手にする時とか)の時、無線で応援要請するんですがその時ばかりは焦るせいか難発性の吃音がもろに出てしまい大変でした。
感想・アドバイス等 恥をかくのは仕方ないですよね。私の場合、どうにも吃音が治らないので大声を出さなければならない職業に自分を放り込みました。警察は大声で挨拶、報告が基本ですからね。とにかくどもってもいいので話すことだと思います。交番勤務で次から次にやってくる多くの人と話をする中で自然に改善されました。
記入年月日 2005/9/20