(学生)

学生の吃音者「大西さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

8

番号 266
業種 学生
職種 学生
具体的仕事 福祉系の大学に通っています。現在四年生です。/大学一年の頃に始めたアルバイトを現在まで続けています。ファーストフード店でカウンターに立って接客をしています。/同時進行で就職活動もしています。
仕事経歴
就職活動時の吃音 やや軽い
現在の吃音 やや軽い
Q2 吃症状について説明など 保育園通園時から吃っていた記憶があります。その頃から中学卒業までの間、連発型でした。高校に入ってからは、吃りそうになると他の言い方に変えてごまかすようになりました。新しい友達には先に自分から吃音だと伝えてました。そのせいか、あまり吃らずに落ち着いて話すことができました。大学入学してから吃音を隠すようになりました。その時から最近までなぜか吃らなくなりました。最近になって、難発型が出るようになりました。とっさに何か話そうとすると連発型がでるのですが、話すべきタイミング(発表とかバイト中お客さんに挨拶するときとか)がだんだん近づいてきた時は難発型になります。
就職活動の苦労 全く苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等 大学入試の面接もアルバイト面接も苦労はしなかったように感じます。ちょうど症状が一番軽い時でした。両方ともかなりの回数、練習をしていったので、自信がついたのかもしれません。
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 バイトでの接客中は大変です。3~4秒、長い時で6秒位言葉がでません。本当はお客さんがカウンターに来てから挨拶するんですが、それでは間に合いません。こっちに来てると分かった時点で発音しようとします。上手くいくとカウンターに着くかどうかのタイミングで発音できます。しかし実際は間に合わないことが多いです。注文を取っている間はほぼ「はい」と言えばいいので大丈夫ですが、たまに商品の説明を求められる時があります。その時は無音状態になってしまいます。なるべく早く発音できるように、かかとでリズムをとったり言い換えをしたりしています。お客さんが帰る際に「ありがとうございました」と言うのですが、確実に吃ります。お客さんが離れてからやっと発音されるので、間に合いません。これだけはどうしようもない感じです。
感想・アドバイス等 接客業は正直、難しい仕事と思います。かなり吃った時があるんですが、ちょっと変な目で見られてしまいました。それでも平気だというメンタルの強い人なら大丈夫だと思います。なんらかの方法で吃音をごまかすことが必要かもしれません。
性別
年代 20代前半
記入年月日 2012/9/5

学生の吃音者「矢野さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

12

番号 173
業種 学生
職種
具体的仕事
就職活動時の吃音
現在の吃音 やや軽い
Q2 吃症状について説明など 話す前に一呼吸おけるようになり、話す時も肩が上がらないようになってきた。
就職活動の苦労
Q3 就職活動についての説明等
仕事に就いてからの吃音による苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明
感想・アドバイス等
記入年月日 2006/5/6

学生の吃音者「吉村さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

11

番号 197
業種 学生(STの大学)
職種 学生
具体的仕事 看護師
就職活動時の吃音 ふつう
現在の吃音 ふつう
Q2 吃症状について説明など 難発型。「ありがとうございます」という言葉が一番言いにくく、礼儀知らずなヤツと思われがちであり、人間関係がギクシャクすることが度々あった。
就職活動の苦労 非常に苦労した
Q3 就職活動についての説明等 面接試験で「よろしくお願いします」の「お願いします」が言えなくて、面接官に「よろしく!」と言ってしまった。それで面接試験を落とされた。
仕事に就いてからの吃音による苦労 非常に苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 電話に出れなくて、電話のそばにいるのになぜ取らないのかと不審に思われました。看護師の仕事はナースステーションの中に看護師や医師が何十人もいるので、その中で電話が取れないとなれば同僚から信頼されず、チーム医療ができなくなってしまう。
感想・アドバイス等 吃音の方のお役に立てるため、吃音専門のSTになります。
記入年月日 2006/5/6

学生の吃音者「松岡さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

10

番号 251
業種 学生
職種 学生
具体的仕事 現在は何もしていない。/過去にアルバイト/イベントスタッフ(野球場でお客様の案内、チケットのもぎり等)2009年の5ヶ月ほど/私鉄の駅員のアルバイト・2010年の3ヶ月ほど
就職活動時の吃音 ふつう
現在の吃音 ふつう
Q2 吃症状について説明など 物心ついた時から発声に悩む事が多々有り、中学入学直前までは「ア」行の文字が最初に来る言葉が中々言えず、特に人前で何か言う時などは辛かった。中学在学~高校時代は殆ど無かったが、大学に入ってから再び言葉が出てこなる場面が出てしまった。現在は見知らぬ人と話す場面ではかなり辛くまた電話だとどうしても吃ってしまう。
就職活動の苦労 あまり苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等 アルバイトの面接の際には吃音についての事は言わず、面接での受け答えもスムーズに出来たので特には大丈夫だった。
仕事に就いてからの吃音による苦労 非常に苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 どちらのアルバイトも接客業なので、言いたい言葉が言えずに別の言葉を言って、また駅員のアルバイトは電話での連絡も頻繁に有り、そして吃ってしまいものすごく苦労した。先輩から注意されたり、仕事を上手くこなせない自分を自分で追い込んでしまい精神的に参ってしまい短期間でやめてしまった。
感想・アドバイス等 野球に興味の有る自分は野球場で仕事が出来て嬉しかった。鉄道に興味の有る自分はアルバイトでも駅員という仕事が出来て嬉しかった。でも、どちらのアルバイトも短期間でやめてしまい今振り返るととても後悔している。自分が興味の有る仕事なら頑張れると思ったが結局ダメだった。精神的に落ち込み、大学の方も休みがちになり2回も留年してしまった。今は酷い自己嫌悪と新しい事をするのが非常に怖くなってしまった。親にとても申し訳無い事をしている自分が恥ずかしくて情けない。
性別
年代 20代前半
記入年月日 2011/11/10

学生の吃音者「飯田さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

9

番号 265
業種 学生
職種 学生
具体的仕事 大手衣料販売店の販売員のアルバイトと留守家庭子ども会の補助指導員
仕事経歴 飲食店のホールのアルバイト
就職活動時の吃音 やや軽い
現在の吃音
Q2 吃症状について説明など
就職活動の苦労 あまり苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等 面接では吃音がでませんでした。
仕事に就いてからの吃音による苦労 非常に苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 スタッフ同士での、急を要する連絡の為に使用するインカムで話すときによく吃音(難発性)がでて、疲れます。
感想・アドバイス等 予期不安や、吃音がでたときの息を吸い続けてしまう反射(?)など、話すことが億劫になることがあります。もちろん、吃音症じゃなかったら……と思いますが、こうって接客のアルバイトもできるし、人前で話すこともできるので、捉え方次第ですよね。今まで一人で抱えていて、親にも話していなかったですが、以前交流会の新聞記事を拝見してから、同じ悩みを持つ人たちに会ってみたいです。
性別
年代 20代前半
記入年月日 2012/7/26

学生の吃音者「大野さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

18

番号 9
業種 学生(就労経験は経験すべてアルバイト。長期のものに限定します。/喫茶店の食器洗い・調理補助/電気機器関係のベルトコンベア作業/製作業の箱詰め作業/大学のアシスタント(学生への指導・資料収集など))
職種 学生
具体的仕事 大学院生
就職活動時の吃音
現在の吃音 ふつう
Q2 吃症状について説明など
就職活動の苦労 ふつう
Q3 就職活動についての説明等
仕事に就いてからの吃音による苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明
仕事についての感想、アドバイスなど
記入年月日 2003/1/26

学生の吃音者「工藤さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

17

番号 15
業種 学生(過去に製造業・小売業経験)
職種 学生
具体的仕事
就職活動時の吃音 やや軽い
現在の吃音 やや軽い
Q2 吃症状について説明など 難発性で、他人の思惑が気になる時、接客時によく吃る。私生活ではあまり支障がない。
就職活動の苦労 あまり苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等 書類選考のみだったから。
仕事に就いてからの吃音による苦労? すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 接客の基本である「いらっしゃいませ。」、「ありがとうございます。」が言えなかった。
仕事についての感想、アドバイスなど 話す以外の所で、他人と能力の差をつけるしかない。
記入年月日 2003/1/28

学生の吃音者「村田さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

16

番号 48
業種 学生
職種 学生
具体的仕事
就職活動時の吃音 やや重い
現在の吃音
Q2 吃症状について説明など 最初の言葉がでないときがあり、最初の音が何回も出てしまう。途中で言葉が突っ掛かる。
就職活動の苦労
Q3 就職活動についての説明等
仕事に就いてからの吃音による苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明
アドバイス
記入年月日 2003/4/26

学生の吃音者「増田さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

15

番号 59
業種 学生
職種 学生
具体的仕事 言語聴覚士の養成校の学生をしています。
就職活動時の吃音 やや軽い
現在の吃音 軽い
Q2 吃症状について説明など 吃症状が出ることは多々ありますが、どもることに対する抵抗感が以前に比べて小さくなったことで、心理的には楽に日々の生活を送っています。また、以前が症状のほとんど全てがブロックだったのが、今ではくり返しや引き伸ばしなども出るようになりました。つまってしまったときに、随意的に音を軽く引き伸ばしたり、繰り返したりすることもあります。
就職活動の苦労 少し苦労
Q3 就職活動についての説明等 非常勤の仕事は、先輩からひきついだものでしたので、それほど苦労はありませんでした。しかし、現在通っている学校の入学試験の面接等では、いつもよりかなり高い頻度で吃症状が出たため、面接官から「あなたは言語聴覚士という職業を選ぶにあたって、ご自身の吃音をどう評価されていますか?」といった質問を受けるなど、少々苦労しました。
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 非常勤の仕事をしていた際には、親御さんに必要な情報を円滑に伝えられずに苦労したことや、検査等でスムーズな教示が出来ずに苦労したことがなかったとはいえません。また、吃るお子さんをもつ親御さんの前では、あまり重い症状は出さないようにするなど、気を遣ったこともありました。
感想・アドバイス等 言語聴覚士になりたいけれど、自分はどもるから、言語聴覚士にはなれないだろう・・・。そう思っている方はどのくらいいるのでしょう。しかし、吃音があるからといって、言語聴覚士になれないわけではありません。事実、言語聴覚士として働かれている吃音者は多くいます。苦労は多いかと思います。ですが、言語聴覚士としての知識・技術・心を磨き、自分の吃音を冷静に見つめることができれば、言語聴覚士は吃音のある-なしにかかわらず、やりがいをかんじながら続けられる仕事だと思います。
記入年月日 2003/5/20

学生の吃音者「髙橋さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

14

番号 82
業種 学生
職種 学生
具体的仕事 高校生
就職活動時の吃音
現在の吃音 重い
Q2 吃症状について説明など 昔は今よりもひどく、一言一言、どもりながら話すぐらいでしたが、今は前ほどではありません。カ行、サ行、タ行ですぐにどもってしまうので、自分の名前がとても言いにくいです。後、僕は連発しながら話します。
就職活動の苦労
Q3 就職活動についての説明等
仕事に就いてからの吃音による苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明
感想・アドバイス等  僕もたまに自己嫌悪になり、言えない言葉があれば、その言葉から逃げてしまいます。でも、僕は自分の吃音の事をよく知っている方なので、連発しながら、何とか自分の言葉で話そうと頑張っています。何故逃げ出しにくくなったのかというと、自分と向き合ったからです。確かにどもる自分を嫌うときも有りますが、自分の事で自分と向き合ったから、あまり気にしないで遠慮無くどもれました。吃音者だけではなく、障害者の人は自分の嫌な所を隠そうとしたりしますが、それでいいのだろうかと感じる事があります。吃音から逃げてばかりでは、この先ずっと逃げてばかりで、人として成長する事が出来なくなるのではないでしょうか。  だったら、逃げないで自分の吃音と向かい合い、吃音と戦ってみてはどうでしょうか。そうすれば、以前とは違った見方が出来るかもしれません。ぼくは自分はどういう人なのかを知ることが大切だと思っています。生き方も変わるかも知れないからです。
記入年月日 2003/9/22