やや重い

その他でその他(税理士) 独立前は、会計事務所・企業の経理部等数箇所を転職。として働く吃音者「川口さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

8

番号 137
業種 その他
職種 その他(税理士) 独立前は、会計事務所・企業の経理部等数箇所を転職。
具体的仕事  企業の税務・会計、個人の申告・相続等。
就職活動時の吃音 重い
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など  難発性
就職活動の苦労 少し苦労
Q3 就職活動についての説明等  「非常に苦労した」の部類に入るのかもしれないが、三ヶ所程面接を受けて吃音のため相手にされなかったので、ならば就職なんぞせん、自分で仕事をする、という感じで就職活動はすぐにやめてしまった。すぐにやめてしまったので「少し苦労した」に自己分類。
仕事に就いてからの吃音による苦労 ふつう
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明  仕事に苦労はつきもので、それを吃音のためとは考えたくない。不利を感じることはあるが、不利をはね返すだけのものが自分にあるかどうかが大切。あとは、悩んでいるヒマがあったら仕事すること。
感想・アドバイス等  吃音はコミュニケーションの障害にはなるが、多少の障害があっても、それ以上のものが本人にあれば、充分生きてゆける業界だとは思う。要は自分を磨くこと。自分にそれだけのものがあれば、どもる税理士はどもらない税理士に負けないだろうし、自分にそれだけのものがなければ、どもろうがどもるまいが通用しない。それは税理士業界に限らず他の業界でも同じだと思う。 これから就職する人は、自分が何をしたいかを良く考えて欲しい。吃音だから無理だなどという自己規制はしない方がいい。適性を考えるということと、吃音だから無理だと諦めることは違う。最初から諦める人間はなにをやっても成功しない。自分の進みたい道が閉ざされているように見えても失望するべきではない。その道がダメなら他の道を通ればいい。道は必ず通じる。
記入年月日 2005/7/11

サービス業で事務職として働く吃音者「大久保さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

5

番号 4
業種 サービス業
職種 事務職
具体的仕事 書類作成、データ入力等
就職活動時の吃音 やや重い
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など 言い始めるのに数秒かかることが多い。
就職活動の苦労 ふつう
Q3 就職活動についての説明等 最初の電話が相手の印象を決めてしまうので大事です。面接からは吃音を気にせずアピールした方がいいと思います。
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 初対面の人との会話が特に緊張してしまい、誤解されてしまうことがあります。
仕事についての感想、アドバイスなど 僕自身は吃音は障害ではないと考えていますが、実際には障害者のように思われることも多いです。ですが、仕事のうえでは「何ができるか」が大事ですので、結果を出せば周囲の人の目も変わってきます。自分に負けないようにがんろうと思っています。
記入年月日 2003/1/25

サービス業で技術職として働く吃音者「川村さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

19

番号 81
業種 サービス業
職種 技術職
具体的仕事 各種電子機器の電磁波測定やノイズ試験の仕事(今年1月~)。
就職活動時の吃音 やや重い
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など 私の場合、症状としてはかなり軽いのだと思いますが、電話でのみ自分の名前(苗字)が言えないのです。仕事などで電話したとき、名前を必死に言おうと思っても言えないで用件までいけなかったこともありました。ただ昔からでは無く、前の会社に勤めていたときの4~5年くらい前からで突然電話でのみ自分の名前が言えなくなりました。始めは1週間に1回程度だったのがいつのまにか毎回必ずになってしまいました。
就職活動の苦労 少し苦労
Q3 就職活動についての説明等 やはり電話での連絡で名前が言えないので苦労しました。自分であることを伝えられないので。再就職活動中、今の会社の人事担当の方とは転職支援会社の人を経由していたので良かったですが。
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 今でも仕事では電話で話そうとしても名前がどうしても言えないので、始めにメールやFAXを送ってから電話するなどで対応しています。ただそれでも名前が言えずに用件を言えないこともありますが。前の会社に勤めていたときに別件(睡眠障害)で精神科の病院に通っていたので、そこでも相談していたのですが、結局全く改善する方法が見つからずにいましたが、また病院も探そうかと今思い始めています。
感想・アドバイス等 今は文字で伝達する手段もメールやFAXなどありますので、しゃべることでの不自由があってもなんとかなる場合も多いかもしれません。始めは難しくても何回か話していくうちに一緒に働いている人も理解してくれると思いますし。難しく考えないように努力した方が良いのかもしれません。(と言ってもそれが難しいでしょうが。)
記入年月日 2003/9/13

サービス業で技術職として働く吃音者「横田さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

13

番号 128
業種 サービス業
職種 技術職
具体的仕事 設備管理
仕事経歴
就職活動時の吃音 やや重い
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など 電話は苦手です。慣れない人と話すときや焦っているときは言葉がでなかったり、どもったりします。
就職活動の苦労 非常に苦労した
Q3 就職活動についての説明等 吃音者とわからないように言葉を選びながら話した。また、精神安定剤を飲んで面接に望んだりもした。
仕事に就いてからの吃音による苦労 非常に苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 電話応対はキツイです。また、人とのコミニュケイションがなかなかとりずらい。 
感想・アドバイス等 今の仕事は契約社員なので来年どうなるかわかりません。人へアドバイス出来る立場にないんで、逆にアドバイスがほしい。
記入年月日 2004/10/30

マスコミで作家として働く吃音者「久保さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

15

番号 134
業種 マスコミ
職種 作家
具体的仕事 基本的に在宅で原稿執筆。緊急時には電話連絡が必須ですが、基本的には日頃の連絡から原稿の受け渡しまで、全てメールで行ないます。出版社へ直接出向いての打ち合わせもあります。
就職活動時の吃音 やや重い
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など
就職活動の苦労 少し苦労
Q3 就職活動についての説明等
仕事に就いてからの吃音による苦労 あまり苦労しなかった
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 仕事柄、初対面の人と会うことが非常に多いです。しかも、たいがいは興味深々なまなざしで見られてしまうので、かなり緊張します。それでも、吃音が直接仕事や人間関係に結びつくことはほとんどないので、苦労はしてないと思います。
感想・アドバイス等 吃音を武器にする位の気持ちが必要だと思います。普段は確かに一人で仕事をしているように見えますが、人と出会わなければ決して仕事は成立しないし、常にその背後ではたくさんの人間が動いているのです。
記入年月日 2005/6/3

飲食業でその他(見習い)として働く吃音者「鈴木さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

12

番号 19
業種 その他(飲食業)
職種 その他(見習い)
具体的仕事 雑用全般
就職活動時の吃音 やや重い
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など ことばの出だしがつっかかる。
就職活動の苦労 ふつう
Q3 就職活動についての説明等 やりたいこととやる気がしっかり定まってないとダメ。/好きなことがしっかりしてれば熱意が通じるはず。
仕事に就いてからの吃音による苦労 ふつう
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 職場内ではどもってても差し支えありません。もちろんどもらなければもっといいですが。強いて言えば、困るのは言いにくいメニュー。
仕事についての感想、アドバイスなど 最初はキッチンとして入りました。たまにホールに出たり・・・、車を運転したり・・・。(本業はキッチンです)「できる」とわかると、使われるのが仕事かと思ってます。
記入年月日 2003/1/30

医療機関で専門職として働く吃音者「前田さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

7

番号 74
業種 医療機関
職種 専門職
具体的仕事 ケアマネージメント
就職活動時の吃音 ふつう
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など 何よりも困るのが、言葉が出なくなる事。特定の音が出なくなるのが特徴。話す前から、言葉が出なくなりそうだなと思うと緊張してしまう。同じような意味で、別の言葉に置き換えて話をしたりする。その事が、また心の負担である。何で話せないのだろうと悩む。不思議なのは、常に症状があるのではなく、流暢にはなせるときもある。吃音が治ったのではないかと思うほどであるが、また吃音の症状が現れる。このように、良い状態と、悪い状態が繰り返す。
就職活動の苦労 少し苦労
Q3 就職活動についての説明等 言葉が出なくなるのではという不安があり、面接などの場面では余計な緊張そしてしまう。言葉が出なくなりそうだなと思うと、「どうしても言はなければならないことではないから」心の中で言い聞かせ、言わなかった事もある。
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 お客様に電話や話をするときに、言葉が出てこなかったりするため、あせってしまい、頭の中が真っ白になる。 そのため、電話をかけるときはあらかじめ、話す項目を箇条書きにしてまとめたうえで話すようにしている。緊張状態が仕事の際では続くため、非常に疲れる。 筋肉の緊張をとるための、貼り薬などの薬代もかかる。職場の人は、「リラックスして。慣れれば大丈夫だから。」と言ってくれるが、そういう問題でもない事を知っているのでつらい。
感想・アドバイス等  仕事をする上で気をつけている事は、どもってもそのことがお客様の不利益には絶対にならないように、伝えなければならないことは、どんな手段を使っても伝えるということを心がけている。 現在夜間は、理学療法学科の夜間部にてリハビリの勉強をしている。筋肉や神経という観点からも、 どもりのメカニズムについて学んでみたいと思っている。
記入年月日 2003/8/9

医療機関で専門職として働く吃音者「小川さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

6

番号 78
業種 医療機関
職種 専門職
具体的仕事 看護師
就職活動時の吃音 重い
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など 難発性で、サ行、カ行からはじまる言葉が特に出てこない
就職活動の苦労 非常に苦労した
Q3 就職活動についての説明等 吃音が出ることによって自分の言いたいことを思うように表現できないだけでなく、/相手の心象も悪くするというところがあった。
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 仕事柄人と接することも多く、電話応対もあるのだが、そこで時々詰まってしまい苦労したところがあると思います。しかし、職場の人の理解があってそれに救われているところもあるのでそこまでプレッシャーを感じないで仕事ができているというところもあります。しかし、それに甘えているわけにもいかないので日々少しでも治す事ができるよう努力はしています・
感想・アドバイス等
苦労するところもあるけど自分がしたかった仕事なので充実した日々を送ってます。吃音があ/るからなるべく人と接しない、話をしなくていい仕事を選ぶ。これも堅実でいい選び方だと思/います。でも、やりたい仕事を選べば苦労はするけどそれなりに充実した日々も送れると思い/ます。
記入年月日 2003/9/8

医療機関で事務職として働く吃音者「田村さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

1

番号 192
業種 医療機関
職種 事務職
具体的仕事 購買
就職活動時の吃音 ふつう
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など 悩むことが多い
就職活動の苦労 あまり苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等 運良く採用されたため
仕事に就いてからの吃音による苦労 非常に苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 ぎりぎりの中で仕事をするのはつらい。でも、やるしかない。
感想・アドバイス等
記入年月日 2006/5/6

卸売業で事務職として働く吃音者「五十嵐さん(仮名)」へのインタビュー

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

6

番号 115
業種 卸売業
職種 事務職
具体的仕事  学術情報部員です。4月から新卒入社です。研究開発側および営業側に薬事情報を提供する部署です。本当は研究職に就きたかったです。。。
就職活動時の吃音 重い
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など  小さい頃からの吃音持ちです。もうずっと悩まされ続けています。滑舌も悪くて、バカにされたこともあります。バイトの面接や就職活動などで、「緊張しなくていいよ」と言われるのがすごく悔しいです。緊張じゃないのに・・・。 うちの家族では、僕だけが吃音です。たぶん・・、両親はここまで悩んでいることを知らないと思います。
就職活動の苦労 非常に苦労した
Q3 就職活動についての説明等  大学院時代ではたくさん学会に参加し論文も投稿しました。それを利用すれば、面接でどもっても内定がもらえると思っていました。けれど、現実は厳しく、卒業する3月まで内定はもらえませんでした。志望動機、自己PRは覚えてきた内容の3分の1も話せず、面接官に飽きられてしまっていました。どうせどもるなら・・・と思って、初めから「自分は吃音です」と言う作戦に出てみました。最初は親身に聞いてもらえるのですが、他の人に比べて面接官に聞かれる質問の数も少なく、明らかに「こいつは早く終えよう」と言うパターンが多かったです。 結局、研究職に就けず、すごく小さい会社に内定をもらいました。時期も時期で、結局面接は1回のみで、履歴書や業績などは全然参考にされませんでした。「穴埋め」で内定をもらったようなものです・・。
仕事に就いてからの吃音による苦労 非常に苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明  苦労した、と言うより現在進行形です。 やっぱり電話です。人前ではかけられません。受けるときはいいのですが、電話をかけて「もしもし」の言葉が出ません。笑われるのが怖い、どもりたくない、格好悪いから嫌だなどの心理を持っていると思います・・。電話が死ぬほど嫌で、「男だから電話に出なくていいや」と言う理由で避けています。
感想・アドバイス等  上記に「学会に出た」と書いたのですが、もちろん発表ではどもりました。毎回。それで、その分野で有名になり、「どもりを見に来る先生」もいたほどです。いつも「緊張しちゃうんですよね」って逃げて自分を避けていました。 研究室のゼミでの発表でもどもり、後輩からも笑われていました。「きっと就職できない」と思い始めた頃には、やっぱりどの会社の面接に言ってもボロボロで、「言うことをまとめてから面接に来てね」と非情な意見を言われたこともありました。一声が出ないのです。 けれど、そんな自分の「障害」に気が付いてくれた人がいました。それは、私の大学の恩師です。修士発表会やその他発表で、周りが笑っていても、その先生は決して笑わず、「自分のしてきたコト、言いたいコト」を理解してくれようとしてくれました。その先生には、吃音のコトを打ち明けたのですが、「俺はどもりを聞きたいんじゃない。君の研究を見たいんだよ。だから、どもっても、気にすることない」と言ってくれたのが、すごくうれしかったのを覚えています。仕事も同じかな・・周りを気にする必要・・ないのかなと思うのですが、やはり入社したばかりだし気にしちゃいます。
記入年月日 2004/4/26