オートバイの整備等で技術職として働く吃音者「大石さん(仮名)」へのインタビュー

脳科学で吃音を治されたあの「吃音モンキーさんのサイト」です。 どもりを改善するのに有益な情報がたくさんあります。 吃音をどうにかしたい!って方はここらへんの記事が参考になります。 ↓記事はここから↓

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

2

番号 257
業種 その他(オートバイの整備等)
職種 技術職
具体的仕事 オートバイの整備・洗車
就職活動時の吃音 重い
現在の吃音 重い
Q2 吃症状について説明など 基本、難発なのでどの場面でもよく無音状態を作ってしまいます・・・。自己紹介の際に確実に自分の名前をどもって名乗れない。確実にどもってしまったり、言いづらくなる行もあるのでそこが本当に嫌です。日常会話でもよくどもる事があり、言い換えたりして言いたいことを言うので、話しの意味がわからなくなってしまい、相手に申し訳ないし、自身もいつも悔しい思いをする。言いたいことをすぐ言えない自分がよく嫌になります。
就職活動の苦労 非常に苦労した
Q3 就職活動についての説明等 自分の場合は、面接が三度あったが全ての会で、吃音があるとカミングアウトした上で一部どもりながらも面接を行いました。会社に電話する際にも名前をどもって言えず、無音状態で5分くらい待たせた上でやっと名前を言えましたが相手に本当に申し訳ない気分でいっぱいだった。名乗れない自分によく自己嫌悪してました。
仕事に就いてからの吃音による苦労 非常に苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 特に電話が苦手です。受け取る側は、出来るようになってきたが掛ける側がどもって全然ダメな時が多いです。職場の人との伝達の際もどもってしまう事があり、口頭でスラスラ言えない時がありイライラしてしまいます。朝礼の当番が来た際に司会進行中によくどもって嫌な雰囲気で無音状態を作ってしまいます。(難発なので・・・)
感想・アドバイス等 まず、自分に吃音がなかったら昔から一番憧れていたJR貨物の機関士になっていたと思います。JR貨物を諦めた理由は、仮に機関士になったとしても災害時や異常時の緊急無線でどもったりして的確な情報を話せない事等を考えてです。ただ、オートバイが好きでこの業界に入りましたが、電話に出ないといけない時もありますが毎日好きなオートバイの整備が出来るのでそれで良かったと思います。整備中は整備に集中するので人と話す機会がほぼ無くなりますし、なかなか良いかもしれないです。
性別
年代 20代前半
記入年月日 2012/2/17

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*