サービス業でとして働く吃音者「野村さん(仮名)」へのインタビュー

脳科学で吃音を治されたあの「吃音モンキーさんのサイト」です。 どもりを改善するのに有益な情報がたくさんあります。 吃音をどうにかしたい!って方はここらへんの記事が参考になります。 ↓記事はここから↓

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

17

番号 240
業種 サービス業
職種
具体的仕事 酒屋のアルバイト
就職活動時の吃音 やや重い
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など タ行と濁点がでにくいです日常会話では言い回しをうまくすれば少しの吃音で大丈夫ですが、自分の名前、商品名を言う場合に吃音になります。普段はさほど吃音を気にしていませんが、仕事中に言わなければいけないと思えば思うほど言いにくいです
就職活動の苦労 非常に苦労した
Q3 就職活動についての説明等 面接のアポを取るのが一番苦労します。面接自体は言い回しを変えて会話すればなんとか大丈夫ですが、名前電話番号等伝えなければいけない言葉がでにくいです。全部アルバイト面接なのでちゃんとした面接は受けたことがないです
仕事に就いてからの吃音による苦労 非常に苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 伝えなければいけないことを伝えられない事が年に何度かあります。いつもその時落ち込み、なぜ普通に話せないのかと自分が嫌になります
感想・アドバイス等 現在の職場が不景気で12月に終了します。今からまた仕事探しですが、34歳なので就職できるかとても不安です。普通の方でさえ就職難なのに、吃音症なのでどうしていいかわかりません。。。私はずっと仕事をしてきていますが、吃音という壁を真正面から登るという事をせず、横からうまくすり抜けてきたという感じです。神経質なので毎日精神的に疲れないように、マニュアル言葉を言わないといけない職種は避け、日常会話で問題ない職場を選んできました。若い間はまだ乗り越えてきましたが、最近精神的疲れがはげしく大変です。アドバイスですがなにもできません。吃音症をいやというぐらい理解しているからです。発声練習しても呼吸法をみにつけても、長年使ってきた吃音です。普通に話せる時もあればなぜか急に吃音になる時もあります。
記入年月日 2010/9/17

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*