サービス業で会社役員として働く吃音者「佐々木さん(仮名)」へのインタビュー

脳科学で吃音を治されたあの「吃音モンキーさんのサイト」です。 どもりを改善するのに有益な情報がたくさんあります。 吃音をどうにかしたい!って方はここらへんの記事が参考になります。 ↓記事はここから↓

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

9

番号 159
業種 サービス業
職種 会社役員
具体的仕事 他の会社の取締役もしており、主な業務は、経営、営業、人材育成である。
就職活動時の吃音 ふつう
現在の吃音 やや軽い
Q2 吃症状について説明など 就職活動の面接は、緊張もするが、意外と興味のあることなので、吃音はあまりハンディキャップにはならなかった。職務から人と話すことは慣れてきたが、自分が苦手なことや身体の調子が悪い。
就職活動の苦労 あまり苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等 面接は基本的に好きであったので、それ程苦労しなかった。吃音症状より、話したい中身が重要であるので、自分の言いたいことをどのように組み立てるか、どう話せば、自分を分かってくれるか、そちらのほうが気になった。
仕事に就いてからの吃音による苦労 あまり苦労しなかった
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 入社当時、初めての仕事や初対面のあいさつなどでは、緊張して吃音することもあったが、だんだん慣れてくると、吃の症状が軽くなった。軽くなったというより、吃症状を出さないよう自分なりの工夫・努力をしていたかもしれない。13年前、広瀬先生のカウンセリング教室を受講してから吃症状や吃に対する考え方もかなり変化・変容し、結果として良い方向に向かっていった。
感想・アドバイス等 吃音だからといって、できない職業はない。多少ハンデがあり、苦しいことも多くあると思うが、発声器官、発声能力には問題がないと思われるので、自分の好きな道を自信をもって進んでもらいたい。人生は一度きり。泣いても笑っても悔いのない人生を送ってもらいたい。
記入年月日 2006/5/25

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*