学生の吃音者「松岡さん(仮名)」へのインタビュー

脳科学で吃音を治されたあの「吃音モンキーさんのサイト」です。 どもりを改善するのに有益な情報がたくさんあります。 吃音をどうにかしたい!って方はここらへんの記事が参考になります。 ↓記事はここから↓

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

10

番号 251
業種 学生
職種 学生
具体的仕事 現在は何もしていない。/過去にアルバイト/イベントスタッフ(野球場でお客様の案内、チケットのもぎり等)2009年の5ヶ月ほど/私鉄の駅員のアルバイト・2010年の3ヶ月ほど
就職活動時の吃音 ふつう
現在の吃音 ふつう
Q2 吃症状について説明など 物心ついた時から発声に悩む事が多々有り、中学入学直前までは「ア」行の文字が最初に来る言葉が中々言えず、特に人前で何か言う時などは辛かった。中学在学~高校時代は殆ど無かったが、大学に入ってから再び言葉が出てこなる場面が出てしまった。現在は見知らぬ人と話す場面ではかなり辛くまた電話だとどうしても吃ってしまう。
就職活動の苦労 あまり苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等 アルバイトの面接の際には吃音についての事は言わず、面接での受け答えもスムーズに出来たので特には大丈夫だった。
仕事に就いてからの吃音による苦労 非常に苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 どちらのアルバイトも接客業なので、言いたい言葉が言えずに別の言葉を言って、また駅員のアルバイトは電話での連絡も頻繁に有り、そして吃ってしまいものすごく苦労した。先輩から注意されたり、仕事を上手くこなせない自分を自分で追い込んでしまい精神的に参ってしまい短期間でやめてしまった。
感想・アドバイス等 野球に興味の有る自分は野球場で仕事が出来て嬉しかった。鉄道に興味の有る自分はアルバイトでも駅員という仕事が出来て嬉しかった。でも、どちらのアルバイトも短期間でやめてしまい今振り返るととても後悔している。自分が興味の有る仕事なら頑張れると思ったが結局ダメだった。精神的に落ち込み、大学の方も休みがちになり2回も留年してしまった。今は酷い自己嫌悪と新しい事をするのが非常に怖くなってしまった。親にとても申し訳無い事をしている自分が恥ずかしくて情けない。
性別
年代 20代前半
記入年月日 2011/11/10

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*