学生の吃音者「髙橋さん(仮名)」へのインタビュー

脳科学で吃音を治されたあの「吃音モンキーさんのサイト」です。 どもりを改善するのに有益な情報がたくさんあります。 吃音をどうにかしたい!って方はここらへんの記事が参考になります。 ↓記事はここから↓

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

14

番号 82
業種 学生
職種 学生
具体的仕事 高校生
就職活動時の吃音
現在の吃音 重い
Q2 吃症状について説明など 昔は今よりもひどく、一言一言、どもりながら話すぐらいでしたが、今は前ほどではありません。カ行、サ行、タ行ですぐにどもってしまうので、自分の名前がとても言いにくいです。後、僕は連発しながら話します。
就職活動の苦労
Q3 就職活動についての説明等
仕事に就いてからの吃音による苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明
感想・アドバイス等  僕もたまに自己嫌悪になり、言えない言葉があれば、その言葉から逃げてしまいます。でも、僕は自分の吃音の事をよく知っている方なので、連発しながら、何とか自分の言葉で話そうと頑張っています。何故逃げ出しにくくなったのかというと、自分と向き合ったからです。確かにどもる自分を嫌うときも有りますが、自分の事で自分と向き合ったから、あまり気にしないで遠慮無くどもれました。吃音者だけではなく、障害者の人は自分の嫌な所を隠そうとしたりしますが、それでいいのだろうかと感じる事があります。吃音から逃げてばかりでは、この先ずっと逃げてばかりで、人として成長する事が出来なくなるのではないでしょうか。  だったら、逃げないで自分の吃音と向かい合い、吃音と戦ってみてはどうでしょうか。そうすれば、以前とは違った見方が出来るかもしれません。ぼくは自分はどういう人なのかを知ることが大切だと思っています。生き方も変わるかも知れないからです。
記入年月日 2003/9/22

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*