官公庁で事務職として働く吃音者「望月さん(仮名)」へのインタビュー

脳科学で吃音を治されたあの「吃音モンキーさんのサイト」です。 どもりを改善するのに有益な情報がたくさんあります。 吃音をどうにかしたい!って方はここらへんの記事が参考になります。 ↓記事はここから↓

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

16

番号 114
業種 官公庁
職種 事務職
具体的仕事 市役所農林課の事務職
就職活動時の吃音 ふつう
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など 就職時と現在の違いは、職場の中の責任(立場)が上がった事による喋ることへのプレッシャーが増えた為
就職活動の苦労 全く苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等 面接時、大きな声であいさつし、相手の質問に答えていただけで特に緊張も、どもりもしなかった様に思えた。というか、就職する事に対してあまりプレッシャーがなかった。
仕事に就いてからの吃音による苦労 非常に苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 市の職員の為、住民説明会や、職場・会議など人前で話す事が強いられるが、緊張するとどもってしまうため非常に苦労した。現在も直ってはいないが、あきらめ(しょうがない)とういきもちです
感想・アドバイス等 公務員は結構理解があると思われがちですが、私が勤めている市は職員250名程度のであり職員の状況はみんな知っていると思われますので、吃音を隠すのではなく、誠意を持って対応すれば何とかやっていけると思います、また内向的になってしまいがちですがかえって、明るく勤めた方が良いと思います、
記入年月日 2004/4/14

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*