教育で教員として働く吃音者「松尾さん(仮名)」へのインタビュー

脳科学で吃音を治されたあの「吃音モンキーさんのサイト」です。 どもりを改善するのに有益な情報がたくさんあります。 吃音をどうにかしたい!って方はここらへんの記事が参考になります。 ↓記事はここから↓

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

18

番号 147
業種 教育
職種 教員
具体的仕事 養護学校寄宿舎指導員(以前は高校で非常勤講師をしていた。)
就職活動時の吃音 ふつう
現在の吃音 ふつう
Q2 吃症状について説明など 緊張すると最初の言葉(特にカ行とタ行)がまったく出なくなる。日常会話であまり困ることはないのだが、時折返答する際に言葉が出づらくなることがある。
就職活動の苦労 ふつう
Q3 就職活動についての説明等 採用試験の面接は苦労したが、考えるフリをして時間を稼いだりしてなんとか乗り切った。
仕事に就いてからの吃音による苦労 ふつう
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 生徒の名前を呼んだり、教科書を読む時にたまに吃音が出ることがあった。生徒には吃音であることを公表していたのでそれほど苦痛や苦労は感じなかった。
感想・アドバイス等 養護学校にはまったく言葉の出ない子もいるので、特に喋ることで不自由は感じない。私の場合心因性(緊張によるもの)なので、最後は気持ち的に開き直って喋ることで乗り切ってきたと思う。話すこと以外で自分に自信を持てる何かを持つことも必要ではないでしょうか。
記入年月日 2005/11/15

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*