製造業で技術職として働く吃音者「齋藤さん(仮名)」へのインタビュー

脳科学で吃音を治されたあの「吃音モンキーさんのサイト」です。 どもりを改善するのに有益な情報がたくさんあります。 吃音をどうにかしたい!って方はここらへんの記事が参考になります。 ↓記事はここから↓

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

8

番号 271
業種 製造業
職種 技術職
具体的仕事 化学プラントの電気設備保全業務。製造プロセスの新設変更・改善などにおける電気設備の設計。各施工会社への発注業務。現場工事管理。簡単な補修、不良箇所の特定作業。年間保全計画の立案。トラブルシューティング対応。製造オペレーター、工事作業者への電気教育など。
仕事経歴
就職活動時の吃音 重い
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など 難発性・連発性の吃音。入社時と比較し電話対応は幾分とマシになったが、現在でもよく吃る。この仕事は大勢の人間に対して発表や説明することが必要となため、大変苦労している。
就職活動の苦労 非常に苦労した
Q3 就職活動についての説明等 自己紹介で自分の苗字が言えず大変苦労した。面接練習に付き合っていただいた先生方からは過呼吸になっている、緊張しすぎとの指摘を受けた。当時の自分では絶対に失敗するとの不安を抱いていただめ、同学年の中では一番面接練習をし、本番では訥弁ながらも大きな声で話すことを心がけ、内定をいただいた。
仕事に就いてからの吃音による苦労 非常に苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 人から何を言っているかわからないという指摘を散々受け、中々人に信用されることができない。また、笑いの対象や人から下に見られることが多く大変苦労しているし、絶望して何度か自殺を考えたことがある。
感想・アドバイス等 吃音者はこの仕事に向いていない。よほど頭がいい人や性格の明るい人なら別だとは思うが、私はそのどちらも持ち合わせていない。しかし、その分、吃音をバネとし人の数倍努力するようにしている。最近では一部の設備の電気主任技術者も任せてもらえるようになった。この仕事が好きなわけではないが、吃音者だからといって他人から無能と思われることは嫌いである。
性別
年代 20代前半
記入年月日 2014/3/3

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*