製造業で技術職として働く吃音者「清水さん(仮名)」へのインタビュー

脳科学で吃音を治されたあの「吃音モンキーさんのサイト」です。 どもりを改善するのに有益な情報がたくさんあります。 吃音をどうにかしたい!って方はここらへんの記事が参考になります。 ↓記事はここから↓

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

9

番号 263
業種 製造業
職種 技術職
具体的仕事 工場の点検/バルブ操作/コンピューター作業
就職活動時の吃音 重い
現在の吃音 重い
Q2 吃症状について説明など 現場の点検の時、バルブ操作を行うときなど無線で連絡を取り合う。そのときに最初の言葉が出てこなくて自分が苦しい。無線をするとき、最初の言葉を発するときはジャンプしながら発したり無理やり出そうとする。現場には誰もいない。ほとんどコンピューター作業なので恥ずかしくない。だから体を動かせばなんとかでるので、皆さんより環境はましだと思う。他人と面と向かって話すのは緊張する。そしてどもるが上司にはどもりのことを話してあるので理解はしてくれてると思う。
就職活動の苦労 ふつう
Q3 就職活動についての説明等 高校の会社見学のとき、今の会社の部長と仲良くなった。俺が友達と調子こいだことばかりやっていたから印象ついたんだと思う。面接のときかなり歓迎してくれた。
仕事に就いてからの吃音による苦労 非常に苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 まだ慣れていない。無線のときかなりどもる。しかしいつかは治る。そしてどもりに負けないと信じていれば、いつかは普通に話せるようになると信じている。
感想・アドバイス等 どもりに負けないで。18の俺じゃ偉いこと言えないから、これしか言えない。どもりは癖だからいつかはその癖が治ると信じて。そうやって生きないと、やってけないだろ?
性別
年代 10代後半
記入年月日 2012/6/30

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*