製造業で技術職として働く吃音者「吉田さん(仮名)」へのインタビュー

脳科学で吃音を治されたあの「吃音モンキーさんのサイト」です。 どもりを改善するのに有益な情報がたくさんあります。 吃音をどうにかしたい!って方はここらへんの記事が参考になります。 ↓記事はここから↓

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

11

番号 256
業種 製造業
職種 技術職
具体的仕事 主にパン成形。今見習い店長なので、セール計画表作成や社員指導やらいろいろ。
就職活動時の吃音 重い
現在の吃音 重い
Q2 吃症状について説明など 朝礼で1日1人ずつ順番に感想を言っていくのですが、自分が言うときは大体、サ行がとても言いやすいので、スラスラ言えるように「掃除が・・・、新商品が・・・」などと思ってもないことを言って終わらせます。最近特にひどいのがワ行。しかもワ行から始まる名前の人が多いので、呼びたいときとかは、その人の近くまでいって「あっ・・・」など言って振り向かせます。本当は名前呼んで呼べばいいものを・・・。
就職活動の苦労 非常に苦労した
Q3 就職活動についての説明等 就職活動なんかはもう最悪で、どもりまくりでした。初めは県外希望で、「ただ就職すればいい。吃音治すはそれからだ!とりあえず製造業・・・」。それだけで、パンとは無関係の家具製造関係の仕事の面接に行きました。初めの自己紹介で、自分の名前を言うだけで1分くらいかかったと思います。もう落ちたからどうでもいいんですけどね。それでとりあえず県内の会社にしようと思って、求人にあったのがパン屋。初めの自己紹介でやはり名前が・・・・・・言えませんでした!「緊張してるのかな?座っていいよ。」と言われて、あまり気にしてない様子。アンケート記入をして帰りにパンを頂き、後日合格通知。吃音はそこまで重要視されてないんだなと思いました。
仕事に就いてからの吃音による苦労 非常に苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 パンの成形をしながら、店の商品チェックをして減っているものは追加しなきゃいけないんだけど、そのパンの商品名が出ず、ジェスチャーで伝えることが多い。みんなは、自分がどもりで言葉が出にくいのを知ってるので理解してくれるけど。個人的に辛い。しかも今店長だし、この先大きな壁にぶつかりそうで不安。
感想・アドバイス等 製造業に関しては、喋りのことについてはあまり関係ない。伝わればいい。みんながそう言うし、たぶんそうだと思う。たぶんというか絶対そうだと思う。吃音者は、吃音のことに関して意識しすぎ。周りから見れば、氷山の一角にしか見えない。そう思っても自分では深い問題。あと、時期によって、スラスラ喋れるときとそうでないときの波がある。「自信」があるときは調子がいいし、多少気分もいい。何でも「自信」をつけられればいいのかなと思う。
性別
年代 20代後半
記入年月日 2012/1/30

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*