製造業で技術職(過去、CGクリエイター、整備士見習い、放送技術者など意外に、積極的だった。)として働く吃音者「石橋さん(仮名)」へのインタビュー

脳科学で吃音を治されたあの「吃音モンキーさんのサイト」です。 どもりを改善するのに有益な情報がたくさんあります。 吃音をどうにかしたい!って方はここらへんの記事が参考になります。 ↓記事はここから↓

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

18

番号 213
業種 製造業
職種 技術職(過去、CGクリエイター、整備士見習い、放送技術者など意外に、積極的だった。)
具体的仕事 製造。組立。
就職活動時の吃音 やや軽い
現在の吃音 やや重い
Q2 吃症状について説明など 難発性。連発性。ふだんまったくしゃべらないので、連発性なのかどうかが分からない。/面接時は何言ってるか分からないけど、タイミング悪くても、連発せず言えている。/難発時の最初の言葉さえでればあとはきれいかも。/タ行、カ行、がキツイ。/出にくいと、「あの」とか「えーと」とか「(それで)で」とか言ってしまう。
就職活動の苦労 ふつう
Q3 就職活動についての説明等 個人面接に関しては、かなりマイペースだった。サドっぽい性格のため、文句言われようが、何されようが、自分のペースを守った。たまに心の中で逆ギレ。それで落ちる事もあったのかもしれない。でもマジメっぽいね、と言われる。集団面接があるところは絶対やめている。資格受験でもそれは気にしてる所。
仕事に就いてからの吃音による苦労 ふつう
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 電話など取らないといけないときもあったが、取らなかった。かたい人とか、ずるい人に思われていたかもしれない。
感想・アドバイス等 自分的にはメシ食っていければいいと思ってるので、派遣でもバイトでもなんでもいいと思っている。でもいま合格率数パーセントの難しい資格を取ろうとしている。土日家で、ネットを利用して、すこしでも金稼げればなとか思っててやっている。格安の何でも屋、相談所みたいに。自分なりに新しい事考えている。やりにくいなら、やりやすいもの作っていこうって思ってる。普通の仕事だと、不利になるので、やりやすい方法でいけばいいと思う。かといって、別に手を抜くつもりはない。不利じゃない状況で手を抜くって、それこそグータラだからな。みなさん努力で何とかなるって言ってるけど、どもりって絶対不利で、迷惑がられてます。自分、ごまかしとかウソ嫌いなんでハッキリいいますよ。逃げって思われるかもしれないけど、自分は逃げじゃなくムダだからという理由で、仕事変えてます。先が見える仕事って魅力ない。→自分が悪いけどね。
記入年月日 2007/8/28

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*