製造業で技術職として働く吃音者「小山さん(仮名)」へのインタビュー

脳科学で吃音を治されたあの「吃音モンキーさんのサイト」です。 どもりを改善するのに有益な情報がたくさんあります。 吃音をどうにかしたい!って方はここらへんの記事が参考になります。 ↓記事はここから↓

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

15

番号 127
業種 製造業
職種 技術職
具体的仕事 半導体レーザの特性検査、寿命試験、装置のメンテナンス等
仕事経歴
就職活動時の吃音 重い
現在の吃音 重い
Q2 吃症状について説明など 11歳~12歳の頃発症。語尾に、「さぁ、さぁ」と何度もいっていたのを指摘され自覚。人前、電話対応などだけでなく、普段友人と話すときも吃る。小、中学校ではそれが原因でいじめにあい、一時期不登校になった。人と話すときはなるべく吃らないような言葉を選ぶ様にしている。極度に緊張するとかえって吃らなくなるような気がする。
就職活動の苦労 少し苦労
Q3 就職活動についての説明等 高卒で就職のため、ほとんどは学校が面倒をみてくれた。面接試験では、かなり吃った様に思えた。
仕事に就いてからの吃音による苦労 非常に苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 まず、新人研修の電話対応でつまずいた。研修担当の方は呆れたようすであった。電話、業者との対応はとても疲れる。吃音が苦になり(業者対応など)、仕事が思うように進められないでいる。現在も足枷になって、会社での人付き合いは狭い。
感想・アドバイス等
記入年月日 2004/10/14

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*