農業で経営者として働く吃音者「樋口さん(仮名)」へのインタビュー

脳科学で吃音を治されたあの「吃音モンキーさんのサイト」です。 どもりを改善するのに有益な情報がたくさんあります。 吃音をどうにかしたい!って方はここらへんの記事が参考になります。 ↓記事はここから↓

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

7

番号 46
業種 農業
職種 経営者
具体的仕事 人参とパンジー作り
就職活動時の吃音 やや重い
現在の吃音 ふつう
Q2 吃症状について説明など カ行とタ行は特に言葉が出にくい。緊張して、体、喉に力が入ると、言葉が詰まることがある。普段人と話をする時は、言葉が詰まらないように、言いかたを変えたりして、言いやすい言葉を使っている。人前で、挨拶をしたり、話をしなければいけないときは、言葉に詰まりながら話をするため、気持ちが重たくなる。どうしても、人と話をするのが、おっくうになってしまう。
就職活動の苦労 ふつう
Q3 就職活動についての説明等 自営なので、あまり苦労はなかった。
仕事に就いてからの吃音による苦労 すこし苦労
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 自分から電話をかけたとき、言葉が出なくて困ったことがある。自分の名前が言えなくて、他の人に代わりに言ってもらって、恥かしい思いをした。
感想・アドバイス等 農業は、自然相手なので、厳しい時もあると思いますが、やればやっただけのことは返ってきます。アドバイスとしては、経済的に成り立つかどうか難しい問題はありますが、やる気があれば、必ず成功すると思います。
記入年月日 2003/4/13

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*