不動産業で経営者として働く吃音者「渡部さん(仮名)」へのインタビュー

脳科学で吃音を治されたあの「吃音モンキーさんのサイト」です。 どもりを改善するのに有益な情報がたくさんあります。 吃音をどうにかしたい!って方はここらへんの記事が参考になります。 ↓記事はここから↓

吃音者の方へのアンケートを元にした集計です。実際に吃音者の方が働かれているからといって、吃音者にとって最適な職場とは限りませんが参考にしてください。なお、業種はもちろん、職種や吃音の重度によっても検索できます。

10

番号 85
業種 不動産業(以前は、システムエンジニアとして製造会社の社内業務システムの企画・開発・運用を担当)
職種 経営者
具体的仕事 経営方針策定、資金繰り、日常管理業務など
就職活動時の吃音 重い
現在の吃音 ふつう
Q2 吃症状について説明など 就職活動時は、ほとんどしゃべれなかったが、現在は、立ってしゃべれば、ほぼ普通にしゃべれる。しかし、座ったままだと、まだかなり吃る。
就職活動の苦労 全く苦労しなかった
Q3 就職活動についての説明等 都会の大学を卒業して、地方の地元のローカル企業一本に絞って就職活動したので、就職のライバルが少なかったため。履歴書には、吃音であることを明記した。
仕事に就いてからの吃音による苦労 ふつう
Q4 仕事に就いてからの苦労の説明 理科系の職種だったので、あまりしゃべらなくても仕事ができた。しかし、発表する機会もあったので、その時は、まず冒頭で吃音であることを告げて、OHPや板書を多用して、しゃべりを補充するようにした。しかし、後年になってから人事担当の役員から聞いたところによると、吃音がかなり昇進の足を引っ張ったらしい。
感想・アドバイス等 今の仕事は、家業を自営しているので、ほとんど苦労はなく、不便もない。一般の仕事については、吃音であることをカミング・アウトしてしまえば、かなりうまく行くと思う。
記入年月日 2003/10/13

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*